美容師ハック

スタッフがどんどん辞めていく現状を打破するスタッフの定着率を上げる方法とは?

By: Christian Holmér

bisuta編集部は全国の美容師さん、美容室、美容院、メーカー、ディーラーさんを中心に共通して検索するワードにいくつかの共通点を発見しました。

それは美容院におけるスタッフの定着率の悪さです。

美容師の世界は華やかでありながら、地道な努力と、積み重ねの仕事でもあります。故に離職率も高く従業員も辞めやすく全国的にも人手不足で悩むオーナーさんも多いです。

今回はどうすれば定着率が上がるのか、賛否両論もあると思いますがまとめていきます。

 

離職率の高さの原因

だいたい美容師を辞めた人に聞くと解答として挙がってくるのが【給料が安い】【休みが少ない】【忙しい】

こちらの意見が多いです。

また福利厚生の部分にも不満が多い場合も多いです。一般企業に比べれば恩恵が少ない事も多々ありますが美容業界自体それでいいか・・・という流れになってきている現状もあります。

やはりスタッフが辞めない様なお店の体制作りの見直しが必要ですね。

美容師の資格は国家資格です。社会的地位を上げる為には福利厚生も少しずつでもいいので手厚くしなければなりません。

 

 

 求人が難しい

 

美容師さんを志す若い世代が減ってきているのもあり、全国的に求人難になりつつあります。

これは数年前から予測されてた事ですが年々ひどくなってきています。

数年前には大学生達の就職氷河期という言葉もありましたが、今は美容師氷河期になりつつあります。

大手チェーン店が地方へ美容師の卵や、美容学生を見つけにいく事も、もはや普通です。

地域によってはヘッドハンティングもあるというから驚きです。

今は助成金制度を使って求人するサロンも増えてきていますが、助成金は社労士さんの力を借りないと

通りにくい部分もありますので、やはり求人の難しさは当面消えないでしょう。

 

 

失業率

こちらは総務省統計局のデータになるのですが、

2012年 4.3%

2013年 4.0%

2014年 3.6%

となっています。2012年に比べ国民全体の失業率は減っていますが、美容師の数は減っています。

美容師として仕事をしていると業界の情報はディーラーやコンサルタントしか入ってきませんが、

こういう情報も今は簡単に調べる事ができます。

数字に強くなって、自分なりに業界の事をしっかり把握しておきましょう。

 

 

まとめ

人が仕事を辞める理由は様々ですが、やはり給料や休みを理由にする人が圧倒的に多いと思います。

オーナー、店長についていけない。お店の環境がイヤだ。やりがいがない。スタイリストになれない。

指名客が増えない。新人が入らないのでずっと下のまま。先輩が尊敬できない。カリキュラムがない。

こんな理由も多々聞きます。結局の所、スタッフがやめずに定着率を上げる方法は

 

・働くスタッフが納得できる給料体制や勤務日数にする

・夢や希望、やりがいを持てる社内環境にする

・スタイリストになってからの先のビジョンが見える

・人間関係の悩みにしっかり向き合っていく

 

この様な環境を作らないといけません。

そんなスタッフの意見を全部取り込んでいたらお店が潰れてしまうよ・・・という社長様の声もあると思いますが、実はその通りです。

やはりスタッフ離れで悩む経営者の話を聞くと、経営者としての手腕が足りない場合が多いです。

定着させる魅力を従業員に浸透させきれていなくて、マネジメントができない経営者は結局そこまでという事です。

そして働かせてもらっている美容師さんも、気持ちよく給料を上げてもらえる様に努力し、周囲の人々に認めてもらえない限り、結局お店を辞めても同じ事の繰り返しでしょう。

人手不足に悩む前にそうならない様にお店全体でディスカッションできると素敵ですね。

少しでも共感して頂けると幸いです。

 

bisuta.jpは全国の美容師さんに役立つ情報、知りたかった情報を提供するウェブマガジンです。

今後LINE@で会員様限定の情報を配信予定ですので是非ご登録をお願い致します。

記事が参考になったという方は是非シェアして業界を盛り上げていきましょう。

 

 

 

 

 

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. By: Renata Alves dos Anjos 【どんな環境だったら働きやすい!?】リアルガチで美容師さん500…
  2. By: khrawlings 集客に困ったらすぐ値下げ。そんな腐った思考は捨てませんか?
  3. IMG_9923 サロンインテリアのこだわりってどこまで追求すべきか
  4. By: Mark Knobil 美容師を目指す若者を業界全体で増やす取り組みは最重要課題である。…
  5. By: Ethreon 【素朴な疑問シリーズ】ヘアメイクアーティストになるにはどうすれば…
  6. By: woodleywonderworks サロンにリピートしてもらう為に磨くのは、【技術】か【接客】どちら…
  7. By: thejbird 1回の施術が25万円!?小顔矯正サロンから学ぶ高単価でも人が集ま…
  8. By: peasap まつ毛エクステ男子が急増中!なぜイマドキ男子はキレイにこだわるの…

コメント

  1. BonjourMerci pour ce chouette concoursJe participe avec plaisir.Je suis fan FB des deux pages : emmanuelle foJe n’ai jamais essayé cette marque, alors ça sera peut être l&scsuo;ocraqion. Je ne connais la marque que de nom, et j’en ai une très bonne image.Merci et bon week end

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP