美容師ハック

美容院の出店バブルはいつ崩壊する?今後の動向に注目しながらチャンスを掴もう!

By: Julien Belli

年々美容院は増えていきますが、この出店バブル状態はいつまで続くのでしょうか?

今後の日本は少子高齢化と言われていますが、美容院は増えていくばかり。

年間2000件以上微増の状況が続いていますが、この先の未来はどの様に様変わりしていくのかをまとめてみました。

今回のコラムの内容はbisuta.jpに寄せられた質問をベースにまとめた内容となっております。

 

美容師さんからの質問が連日LINE@からの問い合わせで増えています。

 

実はもう崩壊しているビジネスモデル

上記に記した通り、全国の美容院のオーナーや美容師さん達も美容業界の将来に少なからず不安を覚えている方々が多いのではないでしょうか?

毎年増え続けるサロン、チェーン店の乱立、密集率の高さ、価格崩壊・・・。

戦後の高度成長期から、カリスマ美容師ブームを経て増加傾向にあった業界が一転、美容師を志す美容学生の減少。

時代も変わりつつあります。

このまま増えすぎるとどの様な末路が待っているのでしょう。それはタイトルにも書きましたが今後は崩壊したビジネスモデルという事です。

お店同士でのお客様の取り合い、スタッフの取り合いではいずれ崩壊する(全国各地で大規模な閉店)とbisuta編集部は考えています。

 

裏を返せば自転車操業のサロン

一世を風靡した有名サロンでさえ新規出店を繰り返し、華やかな姿を見せる一方で裏を返せば借金まみれ。

融資付けから返済のループで回っているサロンも少なくないはずです。

まだ経営が成り立つのは【現金商売】だからです。美容業界は比較的開業が楽と言われている為に出店を続ける経営者の方は多いです。

1店舗あたりの利益は低くても多店舗で利益を上げる計算や、

キャッシュフローを回せる融資付けの仕方、金融機関の付き合い方等の方法を駆使して運営しているケースもあります。

また投資目的の出資者が存在しオーナーが美容師ではなく異業種の方だと、経営理念がズレて3年持たずに倒産という事も珍しくないです。かわいそうなのはそのサロンに勤めるスタッフです。

 

美容業界を取り巻く環境は外部からの異業種も参入しやすいです。特にエステ、ネイル等は大企業の社長さんが出資して愛人にお店を持たすなんてありますからね。

 

でも実はチャンスは転がっている

さて、ネガティブな内容が続きましたがまだこの先にも美容院の未来にはチャンスは転がっています。

美容にお金をかける人は消えません。減少はするかもしれませんが新しい市場を開拓すればいいのです。

今までの歴史を振り返ると美容院には新しいサービスやヘアメニューが増えてきました。そこをビジネスチャンスと捉えいち早く参画した人達がチャンスを握っているのです。

ここ数年で確立されたメニューを振り返ってみましょう。

ヘッドスパ
まつげエクステ
水素水、炭酸水のメニュー
エステ、ネイルとのトータル美容

 

特に上記の3つはここ4、5年で急激に伸びたメニューです。

10年前にはほぼありませんでした。

今後注目される高齢化に伴う悩み【薄毛】【育毛】【ウィッグカット】のメニューやコルギや小顔矯正の様なメニューの組み込みも早いサロンでは導入しています。

 

まとめ

By: Gregor

検索ワードでは非常にネガティブなワードが目立ちますが、忙しい美容室と暇な美容室では取り組み方が違います。チャンスはまだ転がっています。

物販に力を入れるサロンや、カフェ併設の美容院等もあります。

全国にはまだ少ないですがペットのトリミングサロンを併設したり、保育所と提携しているサロンもあります。

bisuta編集部が聞いて驚いたのは

【フィットネスジムが隣にある男性専用美容室】や【三代目J Soul Brothersヘアにのみ特化した美容院】も

あるそうです。

今後ますます飽和状態になるであろう美容院増加問題。

差別化するには画期的アイデアと先読みする取り組みが必要となりそうですね。

bisuta.jpは全国の美容師さんに役立つコラムを配信する国内最大級の美容師専門メディアです。

質問や取り扱ってほしい記事、取材、広告に関するお問い合わせはLINE@にて受け付けております。

情報が為になったという方は是非シェアして業界を盛り上げていきましょう。

 

 

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. By: Atti Vitoso 2対6対2の法則を知っておけば、仕事の取り組み方も変わるはず!
  2. By: Valentina Powers その手があったか!?モデルハントに悩む新人美容師は必見!【知って…
  3. By: kev-shine 新人教育に参考になる美容院の教育マナーまとめ
  4. By: Jesse Kristalie 全国のタバコを吸う美容師さん達に朗報!ビタミン電子タバコご存知で…
  5. By: Alex 接客のプロはみんな実践しているお客様に接する前に心がける事9選
  6. By: Claudio Toledo 某カタログから選んで買うよりもAmazonで買う方が5000円以…
  7. 【ビューティ総研から学べ】美容師、美容関係のサロンオーナーはチェ…
  8. By: Joshua Blount 美容院経営者が12月の繁忙期に絶対忘れてはいけない事10選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP