美容師ハック

その手があったか!?モデルハントに悩む新人美容師は必見!【知っておくべき6か条】

By: Valentina Powers

連日bisuta編集部に届くLINE@からの問い合わせで目立つのが【新人のモデル探し】に関する内容です。

いわゆる練習台になってくれる人を探す事ですが、これが意外と難しい。。。

サロンの新人さんからアシスタント、スタイリストまで読みやすい、モデルハントに役立つ6か条をまとめてみました。

bisuta編集部は全国各地の美容院、サロンオーナーさんから情報を得て、美容師の仕事に役立つ情報を配信しています。是非一度読んでみてくださいね。

 

まずは身近な友人から

 

最初は周りの友人から声をかけていく人がほとんどだと思います。ですが、ヘアスタイルは人の印象を大きく変えるのでいくら練習といえど失敗はできません。

大きな失敗がトラウマになってしまう場合もあるので、モデル探しをする前にある程度できるようになってからにしましょう。ヘアモデルの集め方も慣れるまでは実は簡単ではありません。

 

街頭でのハントは清潔感

街頭に立ってチラシを配ったり、モデル探しをしている美容師さんを見かけます。ですが・・・

好感の持てる美容師さんと、汚らしい美容師さんも正直います。そのお店の看板を背負って街頭にいるので小汚く見えるとまずお店の印象が悪くなります。

声をかけるのも正面からではなく、隣から声をかけたりした方が成功率は上がります。

老若男女に好印象なファッションを心がけましょう。

こちらのサイトも面白いですよ。

男と女の恋愛心理学研究

引用元 http://ren-shinri.net/4/35.html

 

遊びに行く際もチラシ持参で

よりハングリーにモデル探しをするなら、名刺、チラシは持ち歩きましょう。

飲食店、ショップ、BAR、どこでチャンスが転がっているかわかりません。掴める時に掴みましょう!クラブでモデル探しをする美容師さんもいますが、チャラい印象をもたれやすいので極力低姿勢で挑みましょう。

人が多く集まる街コンや、異業種交流会の場にわざわざ行って人脈を広げつつモデルを探す人もいますよ。

 

 

材料代も自分で払おう

これに関しては賛否両論ですが、例えば遠方から来てもらって交通費もかかって時間もかかって結果失敗して材料代を払うってどう考えますか??

美容師サイドの考え方では【練習台と伝えてあるから当然】

でもモデルになってもらう方からすれば【安かったけどモデルで失敗された】

凄く満足してもらえる技術練習の結果であれば対価として頂いてもいいと思いますが、結果が不満足では次に繋がりません。そんな時は材料代も自分で払っちゃいましょう。

次こそはちゃんとできる様になるから、またお願いしていい??この方がよっぽど気持ちがいいはずです。

先輩不在でモデル練習する際は不安感が拭えなくなるので誰かにみてもらう事は必須です。

練習のモデルから信頼関係を作って、応援してもらいながらスタイリストデビューして【生涯顧客】になってもらって【周りの友人も紹介してもらえる】というwin-winの関係を作るのがうまい美容師さんは、

指名数も多い美容師さんに成長する事が多いです。

 

SNSは最終手段

 

今ではネットで【カラーモデル募集中】【コンテストモデル探してます】【カットさせてください】

こんな内容をよく目にします。

消費者目線で考えてみると、【どんな人かわからないのに安くできるからって任せれない】という考え方になります。

なのでSNSでモデル探しをするのはあくまで最終手段!まずは自分で動いて自分を知ってもらってから募集をかけた方がよっぽどモデルは集まります。

集客マーケティングと同じです。もしネットで募集を書き込むならビックリする程、自分の自己紹介をわかりやすくかいて、具体的に伝わる内容を書いた方がアクション率は高くなりますよ。

 

紹介から広げるには?

最速でのヘアモデル集めには実は有効な方法があります。それは・・・

【一度モデルで来てもらった人からの紹介】

撮影のモデルも実は同じで撮影をお願いした子から紹介してもらうのが早いです。

なぜなら撮影モデルをした子は、ほぼ100%でSNSに【今日は撮影モデルをしてきました〜】ってUPしてくれます。しかも可愛くオシャレに載せてくれますし、LINEのTOP画になってる場合もあります。

これって自分もやってもらいたいって人が周りにいると思いませんか?

プロのカメラマンにアーティスト写真やプロフィール写真のスチール撮影を依頼するのも1時間安くても

1万円〜2万円はかかります。撮影もしてもらえて、写真データももらえるなら興味ある人は必ず近くにいて紹介に繋がるはずです。

 

まとめ

みなさんはどんな方法でモデル探しをしていますか?コメント欄に自由に書き込み可能なので、記事が面白かったと思って頂けたら、是非あなたの声や方法をお聞かせください。

モデル集めが上手な美容師さんは自分の見せ方も上手です。それはbisuta.jpでも以前から書き続けていたセルフブランディング(自分を売る力)に比例します。

SNSを使って楽に集めようと思ってもうまくいきません。泥臭く多くの人に声をかけて集めるしかないのです。

ほんの少しアプローチの仕方を変えるだけでもいいので是非実践してみましょう。そして先輩美容師さんは後輩の育成指導の参考にしてみてくださいね。

 

bisuta.jpは美容師の為になる業界でも有名な情報共有メディアサイトです。

質問、ご意見、ご感想に関してはLINE@でも随時受け付けています。

情報が面白かったという方は是非【イイね!】を押して業界を盛り上げていきましょう。

 

 

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. By: Medelie Vendetta 小規模サロンで独立する美容師が急増中!その理由とは?
  2. By: Danielle Moler ぎゃー!!まさにコレだ〜!!1店舗目から2店舗目を狙う前に考える…
  3. By: woodleywonderworks サロンにリピートしてもらう為に磨くのは、【技術】か【接客】どちら…
  4. By: Mathieu Lebreton 【美容師の副業】お金の臭いがプンプンする・・・けど、正直、本気で…
  5. YUKA20160818270016 【いつからこんな時代になったんだ】撮影モデルに対するギャラ問題を…
  6. By: a2gemma 適正価格はいくらがいいのだろう?美容師の技術サービスの価値を考え…
  7. By: Christian Holmér スタッフがどんどん辞めていく現状を打破するスタッフの定着率を上げ…
  8. By: Garry Knight 【全国の美容院事情が変わる!?】マイナンバー制度って何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP