右向け右!!の組織にしても面白くない。時代の変化に合わせていく事は意外と難しい | Bisuta

美容師ハック

右向け右!!の組織にしても面白くない。時代の変化に合わせていく事は意外と難しい

スポンサーリンク

昨今、多くの美容院で悩みの種になっているのが、

【教育の難しさ】と言われています。人材育成の関してはいつの時代も悩みは同じですが、

今回プレッピーの中に面白い記事を見つけたのでご紹介しようと思います。

美容業界でずっと働いていると考え方も凝り固まってしまいます。

この記事を読んで少しでも考え方が柔らかくなってもらえたら幸いです。

 

30代以上は共感できる内容

Evernote Camera Roll 20160224 154613

簡単にまとめると、昔の先輩は技術は見て盗め!自分のできる仕事は取りに行け!言われた事以外も自分で探して動け!という割と体育会系の考えや風潮が当たり前だったという事です。

ライバルも多く、他に負けたくないという意思を持つ人が多かった時代という事でしょう。

厳しい先輩も多かった様に感じますね。

 

 

 

20代や新人アシスタントも共感

Evernote Camera Roll 201602124 154613

今の20代はゆとり世代と言われていますが、まさにその通りかもしれません。

競争意識も高くなく、ゆったりマイペースで仕事がしたい!先輩が良くない。環境が良くないと

周りのせいにする考え方が多い様な気がします。

もちろん全てがそうだとは思いませんが全体の総数で考えると確実に変化は出てきていると思います。

アシスタントの時の悩みというのはスタイリストになれば小さい悩みになります。そしてスタイリストの時の悩みは店長になれば小さい悩みだったと思うはずです。

それが成長です。

 

 

全員が同じ方向を向くというのは諦めましょう

 

bisuta編集部的な考えをプラスするのであれば、スタッフが全員同じ方向を向いて頑張ろうという考え方は切り替えた方がいいと思います。

オーナーや店長、管理職であれば一度は考えるはず。

【なぜみんなが同じモチベーションにならないのだろう??右向け右で足並みを揃えてくれればお店はもっと良くなるはずなのに・・・】と。

ですが、みんなが指揮の取れた統率力のあるチームだとしたらそれは相当息苦しい環境となります。

極端な例え話にするなら、ヒトラーの様な独裁者的な思考になってしまうという事です。

今の時代で考えると相当ギスギスした空気感になるでしょう。以前も記事で書きましたが、

2:6:2という法則もあります。

個人の特性を生かして導いてあげた方が教育係の人も少しは人材育成が楽になるかもしれませんね

 

若者達よ。甘いよ・・・考え方が。

 

上の画像にもある20代達の意見という部分についての独自の見解も書いていこうと思います。

 

・先輩がもっと尊敬できたら・・・

A. そんな先輩になりたくないなら、そうならない様に自分は気をつけようと考える。でも先輩だって必ずいい部分があるはず。文句ばかり言ってないでまずはいい部分を探す努力をしよう。

 

・まわりにもっとモチベーションの高い人がいれば・・・

 

A. 逆に自分が周りを巻き込む人になればいいのです。SNSでモチベーションが高い美容師さんを探して勝手にライバル視すればいい。考え方一つで状況は変わるはずです。

 

手荒れしなければもっと頑張れるはず・・・

 

A. 手荒れに関しては他にも困っている人もたくさんいるはず!とポジティブに考えるしかない。こればかりは昔からなくなりません。手荒れで悩んでいても工夫して一流の美容師さんになった人なんてたくさんいます。

 

・気分によって態度が変わる先輩、凄く疲れるし、ヤル気がなくなる・・・

 

A. そもそも先輩もみんな完璧ではないという事を理解しましょう。ずっと態度が変わらない先輩は遅かれ早かれ勝手に人が離れていきます。そんな事でヤル気がなくなるなら正面からぶつかって話し合ってみましょう。本音で話あわない限りその悩みはなくなりません。

 

周りの環境が・・・とブツブツ言ってても環境は勝手には良くなりません。

今の時代とかは関係なくいつの時代もやる奴はやる!という事ですね。

悩む時間があったらすぐ動いた方が今後の人生でも楽ですよ。

 

 

まとめ

 

美容室のスタッフの個人のヤル気を全体的に上げるにはまずオーナー自身も環境改善を考えないといけません。

引っ張り上げてあげる事も必要ですし、時には揺るやかな関係性も必要な時もあります。

bisuta.jpを普段から愛読してくれている美容師さん達は本当に情報収集にアグレッシブです。毎日必ず1件は◯◯を教えてくださいというLINEがきます。

今までは普段の疑問や悩み等を周りに聞いてもらう事しか方法がなかった人達もbisuta編集部に質問をどんどん投げかけてください。(たまに本当に愚痴みたいなメッセージをもらいます 笑)

美容師専門の情報交換コミュニティは日本中でも本当に少ないです。

間違いなく今後はbisuta.jpが美容師さん達に欠かせないコミュニケーションサイトになっていく事でしょう。

活用できるツールはなるべく活用してストレスを少しでもなくして、毎日の美容師ライフを楽しんでください。小さい事一つで悩んで仕事をし続ける事は精神的にも辛いですよ。

 

bisuta.jpは美容師の為の情報共有キュレーションサイトです。普段の疑問やお悩みもどんどん情報共有していきましょう。

【公式LINE@でお友達になってもらうとLINEでのやり取りも可能です(現在960名突破中)】

 

 

 

 

スポンサーリンク

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. ヘアサロンの集客が丸わかり美容業の集客方法指南書
  2. 【2017年4月に増税がやってくる】2016年の展望の前にもっと…
  3. 適正価格はいくらがいいのだろう?美容師の技術サービスの価値を考え…
  4. 美容院経営の強い味方【税理士】【会計士】【社労士】この3つの違い…
  5. 小規模サロンで独立する美容師が急増中!その理由とは?
  6. 【最強マフィアの仕事術】という記事を読んで美容師に活かせないかま…
  7. キアヌ・リーブスに比べれば僕ら美容師達の悩みなんて小さいもんだ。…
  8. 美容師の仕事に未来はあるのか徹底検証してみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP