美容師ハック

成功への近道は感謝の気持ちをたくさん集める事!【WIN-WINを理解しよう】

By: Randy Lemoine

bisuta.jpの読者様はほとんどが美容師さんですが、美容師の仕事をビジネスとして捉えている人は何%位なんだろう??と

ふと考える時がありました。

美容師のサロンワークはビジネスで考えるとまだまだ見直すべき点が多く存在すると思います。

またよく耳にする【WIN-WNの関係】をちゃんと理解できていない人が多いと思うのでわかりやすく解説しようと思います。

この記事を読むと仕事のヤル気が高まるかも!?

 

保険屋さんが美容師の仕事をすれば成約率は高いはず

 

美容師の仕事はかなり特殊で、リピートのお客様と定期的な接点を持つ事ができます。しかも施術中の時間をカットだけで考えてもトータルで

1時間は同じ時間を過ごす事ができます。その時間の中で信頼関係が産まれ、スタイルの提案や商品のお話が聞いてもらえます。

ですが、美容師さんは商品提案や販売能力が異様に低いです。

仮にプロの保険のセールスマンや敏腕営業マンが美容師さんの様に同じ時間を過ごして、一定のサイクルで接触できれば成約率は80%以上にもなるのではないでしょうか??

これはビジネスで捉えれば普通の事ですが、美容業界では【成約率】をビジネスとして考える人が少ないのでわかりやすく言えば店販比率が低いのです。

技術を売る商売なので、販売スキルは問われてきませんでしたが、近年店販の強化が問われてきています。

ビジネス理論が身に付くと美容師以外のビジネスに取り組んだとしても

成功しやすくなります。

 

車や家を販売する美容院も実在する

あなたの美容室では、店販以外に何かビジネスを行っていますか?それとも、施術でいっぱいいっぱいで他のことをしている暇なんてないでしょうか。ある美容室で、レジ横スペースに雑貨やアクセサリーを売るコーナーが設けられていて、それを見たお客様が買っていくというシーンを見かけたことがあります。そして、近年ではなんと、車と家を売る美容室があるのだそうです。一体どういうビジネスモデルなのでしょうか。

引用元 美容室経営相談室

これもスゴい話ですが、美容室でお客様の相談を聞いてあげてライフプランの手助けができるというのもまた一つの売りになると思います。

これが成り立つのもお客様に感謝される付き合いがないと成立しません。信用と信頼関係が求められますね。

 

情報はタダで手に入れない方がいい

win-winとは?

「自分も勝ち、相手も勝つ」こと。取引などにおいて、関係する両者ともにメリットのある状態であること。

スティーブン・R・コヴィーの著書「7つの習慣」などで知られるが、言葉としてはもっと古いとされる。

ちなみに相手を負かして自分だけ勝つ状態は「Win-Lose」。自分が引いて相手を勝たせる状態が「Lose-Win」で、自分も相手も道連れで損をする状態が「Lose-Lose」。

引用元 はてなキーワード

例えば、美容院では髪を切って対価を頂きます。win-winの関係です。

技術セミナーもお金を支払って経験や知識を学ぶのでwin-winの関係です。

個人的には無料セミナー等でタダで情報は手に入れない方がいいと考えます。

(無料セミナーの裏にはバックエンドが用意されている事もあるので)

結局、人間というのは無料で学んでも結果的に自分に火がつきません。

身銭を切って学んだ知識の方が何倍も吸収できます。美容師の仕事をビジネスで捉えるなら自分のお金と時間を作って、

他業種の営業ビジネスセミナーにどんどん参加して、異業種の勉強もした方が更にワンランク上の美容師さんに成長できる事でしょう。

 

 

成功する近道とは?

 

bisuta.jpにはたくさんのキーワード検索で閲覧される美容師さんも多く、そこからLINE@にて◯◯を教えてください。

とメッセージを頂く事も多いです。

ですが、残念な事に情報だけを搾取しようという人達も多いです。

bisuta編集部は読者の方とのWIN-WINの関係を築きたいので【情報を提供する】代わりに【サイトの紹介】を求めたりします。

もちろんサイト運営には人件費、広告費と多大な時間を費やしているのでどこかで回収しないといけませんが今は、

bisuta.jpの原点【読んでもらう人に喜んでもらって感謝してもらう事】だけ考えています。

ありがちな文面ですが、

お金なんてモノは後から勝手についてきます。

たくさんの感謝を集める事で最終的に成功するというのは売れるスタイリスト、繁盛してる美容室と基本は同じです。

ウェブ上の美容師さんの情報を集めるサイトとしての繁盛店を今bisuta編集部は作っているのです。それが成功への近道と信じているからです。

 

まとめ

 

売れる美容師になる為にはどうすればいいですか?なんて質問も多いです。

結論から言ってしまえば、【人に感謝される】【顧客様とお互いにプラスになる関係ができている】【信頼関係ができている】

この軸がしっかりしていれば後は提案力と技術で勝手に売れていくと思います。

数字が上がらないと嘆いている美容師さんはできないんじゃなくて、やらないだけ。。

美容師という仕事も楽しんで、ビジネスとして考え、人の気持ちに敏感になりwin-winの関係を作り続けていけば唯一無二の存在になれるかもしれませんね。

そんなお手伝いができる様に記事をこれからも配信していきます。

bisuta.jpは美容師さんの為の専門キュレーションメディアです。ビジネスから経営、最新の美容事情まで幅広く配信しています。

【下記のLINE@のお友達追加ボタンを押してもらうと友達限定のタイムラインを見る事もできます(現在1290人突破中)】

 

 

 

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. By: HeavyWeightGeek サロンの1年間の分析!常に新しいサロンの魅力を拡散させないといけ…
  2. By: Alan Sung なぜスタバの店員は辞めないのか。からヒントを得た事。
  3. 横写真リタッチなし 美容師が知らないと損をする独立前にしておかないといけない事とは?…
  4. By: Christian Holmér スタッフがどんどん辞めていく現状を打破するスタッフの定着率を上げ…
  5. By: Renata Alves dos Anjos 【どんな環境だったら働きやすい!?】リアルガチで美容師さん500…
  6. By: Glenn Waters 【やっぱりみんな気になる他店の情報】クリスマスイブは美容院は暇な…
  7. By: tenaciousme もっと詳しく知りたい!美容室業界も震撼させるマイナンバー制度!
  8. B005508608 お客様からもらった面白い差し入れまとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP