1回の施術が25万円!?小顔矯正サロンから学ぶ高単価でも人が集まる仕掛けとは? | Bisuta

美容師ハック

1回の施術が25万円!?小顔矯正サロンから学ぶ高単価でも人が集まる仕掛けとは?

スポンサーリンク

先に書いておきますが、実話です。

bisuta.jpは美容師さんに役立つ情報を様々な観点からまとめるキュレーションサイトですが、先日筆者がお会いした【小顔矯正サロン】の経営者様のお話が美容院にも役立つのではないかと思い今回お話を聞いてきた事まとめてみました。

 

1回の施術が25万円

全国に15万店舗以上ある小顔サロン。その中でも群を抜いたサロンがあります。

そのお店の1回の骨格矯正の施術は驚きの【25万円】

この薄利多売になりつつある美容業界で革新的なサービスとプロモーションで話題を集めているサロンがあります。

安いサロンでも5000円〜高いサロンでも3万円程の小顔サロンが平均的なのに対し25万円の高単価でも全国から人が集まる秘密、気になりませんか?

 

料金を下げて集客するのには限界がある

今はどこのお店もまずは来店して頂く為に、初回来店サービスでお客様に来てもらう事を第一に展開しています。

ですが値段競争に走る事により業界全体は下落していき【価値提供】が下がっていきます。

そして【共食い】の様な値下げ合戦になってしまい経営を圧迫します。

1000円カットがあれば、10000円カットもあります。

価格帯を下げるのではなく、付加価値をつけて上げていく事に注目し成功に導いた事例を紹介しましょう。

 

高単価でも全国から人が集まるサロンも存在する事実

美容師のみなさんに質問です。

美容院でカット料金10万円でやります。その変わり最高のサービスと綺麗になる演出をお約束します。

と打ち出したとしてこれでお店は成り立つと思いますか?

あなたに浮かんだ答えは恐らくNOのはず。

でも美容師をやっている中で高単価路線は一度は考えた事はあるのではないでしょうか?

今回筆者が思った事は、無理と思ってた数字は実は実現可能という事。

無理と決めつけて実行しないだけでプロモーションと演出次第で可能という事がわかりました。

1店舗でスタッフが2人で月に1000万円の売り上げを出す事は不可能と思っているだけで可能なのです。

 

ではどの様にすれば実現可能なんでしょう?

 

海外では5万円〜10万円の料金の美容師さんも存在

 

【画像引用】http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304882304579352140943815898

高級なカットには数百ドルかかる場合があるという考え方にようやく一部の人がなれたところだが、エリート美容師は料金を1000ドル(約10万円)以上に引き上げている。

料金が4桁の大台に乗っていない美容師も値上げに乗り出している。ニューヨークの雑誌編集者に人気の美容師、ギャレンさんも1月1日に料金をこれまでより100ドル高い805ドルに引き上げた。

「私の料金は少し安めだった」とギャレンさん。

金融危機以降価格を据え置いてきたが、値上げの時期がやってきた、とエリート美容師たちは話す。中には、カットの仕事を減らし、ブランドのヘアケア製品やハリウッドスターのスタイリングなどもっと実入りのいい仕事に注力できるようにするため、料金を値上げして客を絞り込んでいる人たちもいる。

【参考記事】カットとブローで10万円―米でトップ美容師が相次ぎ値上げ

 

 

記事を読んでみるともっと値上げしようとしているみたいで、流石ですね。

金額が高くても行ってみたい、担当してもらいたいと思ってもらえる様にするには?

まずは値段を上げるだけの理由になる自信が必要不可欠でしょう。

ですが日本人は性質として【自分に自信がもてない】そんな人が多い傾向にあります。

まずは自信を持つ事が基本条件になります。

今回お話を聞かせて頂いた小顔矯正の方はまさにこの人の心理に基づいたサロンのプロモーションを実現していました。

「高くても遠くても一度行ってみたい!」

そう思ってもらえる様にどの様なマーケティングをしたのでしょう?

 

売り上げを上げるには客数×客単価といいますが。

客数を伸ばすのではなく客単価を上げる努力をする事で爆発的な売り上げUPも可能です。

 

 

その答えはブランド価値を高めると言う事

世界的に有名なルイヴィトンをなぜ多くの人が持つのでしょう?

それはブランド価値を植え付けたから・・・。

高くても手に入れたい。これを美容業界に落とし込むというセミナーはいくらでもあります。

ですが土俵が違うのです。サロンはサロンにあったブランディングが必要になります。

遠くからでも行ってみたいお店作りを目指してくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?

 

bisuta.jpは美容師さんの価値を高めるお手伝いができる事を目標にしています。

仲間同士でシェアして業界を盛り上げていきましょう。

 

スポンサーリンク

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. 【いつからこんな時代になったんだ】撮影モデルに対するギャラ問題を…
  2. 【全国の美容院事情が変わる!?】マイナンバー制度って何?
  3. 心理学から学ぶ店販のオススメ方法5選
  4. これからブランディングを強めていきたいけど・・・何から始めていい…
  5. 某カタログから選んで買うよりもAmazonで買う方が5000円以…
  6. もっと詳しく知りたい!美容室業界も震撼させるマイナンバー制度!
  7. 【美容師さんの疑問解決!】ニューヨークドライカットってそもそも何…
  8. 新人教育に参考になる美容院の教育マナーまとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP