これからブランディングを強めていきたいけど・・・何から始めていいかわからない美容師さん向けの記事 | Bisuta

美容師ハック

これからブランディングを強めていきたいけど・・・何から始めていいかわからない美容師さん向けの記事

By: MarieEly

今回は今後ますます必要になってくる個人ブランディング力アップについてまとめていこうと思います。

今でこそ美容師さんにもIT活用ブランディング力を身につけよう!という様な内容が飛びかっていますが、

そもそも・・・

最初から自分を売る職業なので、ブランディングに関しては元々、馴染み深い業種ではあるのです。

今それを改めてITを絡めて見直そうという時期に突入している流れになってきていますのでbisuta編集部では

明確に何をすべきかまとめていこうと思います。

ガッツリ書いてあるので、読む時は気合い入れて読んでくださいね 笑

 

まずは何をすればいいのか理解しよう

 

とにかく多いのが、わかっているんだけど何から始めていいかわからない。という事です。

なので今回は簡単なフローにしていきます。

1、ブログもしくはSNSを始める→自分のプロフィールをまとめる(経歴)→マメな更新を3か月続ける

2、マメに継続して3か月で一度振り返り→反響のある記事をピックアップ(自分が得意なジャンル内容を探す)

3、コピーライティングを意識する(どうやったら読み手に楽しんでもらえるか)→自分の作った自信のあるヘアスタイルフォトを用意する

4、自分の人物イメージとヘアスタイル写真のイメージをワンセットで覚えてもらう為に自分自身にキャッチコピーをつける

(恥ずかしいですが・・・笑)

5、セミナーには積極的に参加する。(気になる美容師さんとはガンガン繋がる)

ココまでは初級編です(少し解説入れます)。

だいたいは3か月マメに更新はできません。これでライバルは減ります。マメにできないわぁ〜

という方はITを活用して自分を知ってもらう事は諦めてください。

がんばって100記事位ブログを書いたりSNSを更新すると、必ず反響のある記事が見つかります。

それを自分の得意ジャンルとして掘り下げてアップしていくと

少しずつ興味喚起が起こります。もちろん書き方や文字の配列、写真の見せ方も意識してください。

そして難関の【キャッチコピー】です。自分の事をワンフレーズで理解してもらえる様なフレーズです。ブログ、SNSは文字で表現する事も大事です。

自分のプロフィール写真、スタイルフォトも印象付ける為に妥協はできません。

昔は今程SNSで個人情報を見る事ができなかったので美容師さん同士はライバル視する傾向があり閉鎖的な業界だったのですが、

今は全国各地で昔より美容師さんの横の繋がりが強くなってきています。(SNS、ブログで人柄もわかりやすくなったのも要因)

 

どの部分を強化したいのか整理する

 

ここからは中級編です。初級編では最低限必要な事を書きましたが次はターゲット選定です。

1、美容師さんに注目されたいのか

2、顧客様に注目されたいのか

このどちらに絞るかは非常に大事です。

美容師に注目されるには業界誌、一般誌への露出が必要です。逆に顧客さんやお客様に注目してもらいたいなら断然SNSです。

両方から注目されたいという野心家な美容師さんもいますが、まずはキチンとした自分のブランドというのを確立させておかないといけません。

【美容師さんに注目されたい場合】

大変ですが、ヘアショーで表彰されるのが近道です。

それ以外の方法はセミナー講師にチャレンジする事も第一歩です。

基本的にはメーカー、ディーラーからのオファーですが、自分からプレゼンしにいく事で

セミナー講師になる事は可能です。と、いうのも既成事実は最低限必要なので表彰された経験がない場合はセミナー講師を掴みにいきましょう。

ブログタイトルに表彰歴アリ、セミナー講師とか書いてあったら信用度は増すと思いませんか?

 

【顧客様、お客様に注目されたい場合】

SNSを活用する場合はとにかく自分の顔を売る。につきます。

バンバンお客様と写真を撮ってタグ付けしてもらって紹介してもらいましょう。シンプルですが一番早いです。

ですがタグ付けされて様々な人が見に来るという事は信頼されるSNSのタイムラインじゃないと印象は悪いです。

(仕事用のアカウントを割り切って作る事をおすすめします)

ちなみに恥ずかしい、自分はあんまり顔を出したくないという人は

コツコツやってください。

美容師さんも色々な考え方を持つ人がいます。ゆったりやりたい人、仕事が純粋に楽しい人、美容師として有名になりたい人、

仕事と割り切ってお金を稼ぐ為にがんばっている人。

でも、時代の流れにあわなくなってお店の経営が成り立たなくなったらどうしますか??

その逆境に強い人は【自分にブランドイメージがついていて発信力、影響力がある人】なはずです。

当然、そういった人は美容師としての魅力もあるはずなので指名数も多いと思います。

veticaの内田聡一郎さんもこんな書籍を出しています。

このタイトルもグサっときますね。

 

やるからには出口戦略まで組み立てる

 

ここまで読んでくれる人は個人のブランディング力アップに興味を持ってくれている人だと思います。

まず自分のブランドイメージを作り上げて認知される様になれば様々なオファーが舞い込む事になります。

ブログやホームページからメディア取材要請がくる事もあります。

自分の取り組みの出口をどこに設定するのか。それによってやるべき事が変わってきます。

最短スピードで実現するには、強制的に見せる為の【広告】を利用する方法があります。

SNSで広告を使い認知度を広げるなら【Facebook広告かツイッター広告かインスタ広告】です。

ネット検索時に上位に表示させる方法はPPC広告という方法があります。

ユーチューブ視聴者にはYouTube広告というのもあります。

どれもクリック単価(1クリック◯◯円)なので予算を決めて狙ったターゲット層に見せる戦略もあります。

例えば10000円を予算に1日500円までで20日間広告を出す。とかも可能です。

自力で経費をかけずにコツコツやる人もいれば、ネット広告を利用して加速的に認知度を上げる人もいます。

 

まとめ

 

今回の記事は長くなってしまいましたが、簡単にまとめると、

1、個人メディアを作り込み更新し続ける

2、魅力のあるコンテンツとは何かを考え発信し続ける

3、予算をかけてまでやる価値があると考えたら、広告も利用する

自分の露出を増やすのにコツコツ更新してても数年経っても結果が生まれない人もいれば、

目を引くブログコンテンツやファンが加速的に増える発信が偶然できて認知度が上がる人もいれば、

戦略的に経費をかけて有名になる人もいます。

ここまで読んでみてアナタはどんな風に感じましたか??

そこまでやらなくていいや。かもしれないし

そんな方法もあったのか!と思ったかもしれません。

美容業界は今、着実に流れが変わってきています。そして誰もアナタを守ってはくれません。

10年以内に潰れる美容室の方が多い時代です。

自分のプロモーションを自分で行うのも、美容師の仕事のカテゴリーに増えたという事を理解しましょう。

 

今回の記事が多くの美容師さんの胸に刺さってくれる事を願っています。

bisuta.jpは美容師の為の国内最大級の情報交換メディアです。情報が面白かったという方は是非ブログネタに使ってみてくださいね♪

【下記のLINE@友達追加ボタンで友達になると特典もご用意しています。】

5000人限定予定で現在1466名突破中

 

 

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. By: Moyan Brenn 【2017年4月に増税がやってくる】2016年の展望の前にもっと…
  2. By: kev-shine 新人教育に参考になる美容院の教育マナーまとめ
  3. By: Julien Belli 美容院の出店バブルはいつ崩壊する?今後の動向に注目しながらチャン…
  4. By: Karl Baron 【新規客は断るな!】新規客を呼ぶのに1人当たり2000円以上払っ…
  5. B006049978 美容師なら気になっちゃうヘアサロンのリアルな売り上げ数字のまとめ…
  6. By: Garry Knight 【全国の美容院事情が変わる!?】マイナンバー制度って何?
  7. By: Neal Fowler 【美容師コンサルタントのブログから学ぼう】別の観点から学ぶリピー…
  8. IMG_0229 心理学から学ぶ店販のオススメ方法5選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP