【素朴な疑問シリーズ】ヘアメイクアーティストになるにはどうすればいいの?
PR

美容師を目指す人もいれば、芸能関係のヘアメイクを目指す人もいます。

美容師になったけど華やかなモデルさんを担当する業界に行きたい!芸能人のメイクやヘアアレンジをしたい!

こんなミーハーな人達が多いのもこの業界の特徴でもあります。

美容室に就職して、数年が経ち・・・

【あの〜言いにくいんですけど東京でヘアメイクを目指したいので仕事辞めようと思うんです】

こんな事を言われた美容院オーナーさんの話はよく聞きます。

そしてヘアメイクになりたい夢を語る美容学生さんも多いです。

善くも悪くも現実を知る事は大事なので今回の記事はヘアメイクを目指す前に知っておく事をまとめてみました。

 

ヘアメイクアーティストになるには?

 

基本的な道のりに関してはこちらから飛べます。まずは一度読んでみると流れがわかります。

ヘアメイクアーティストになるまでの基本的な道のり

華やかな業界の裏側は地味な事の繰り返し

 

yahoo知恵袋にベストアンサーがあったので引用します。

将来芸能人などを担当するヘアメイクアーティストになりたいのですが、眉毛を整えたりするのにも美容師免許がいるようなので、美容師免許が取れる専門学校へ通いたいと思っています。ヘアメイクアーティストといってもヘアだけ、メイクだけではないと思うので、やはりネイルやエステなども習える方がいいのでしょうか?それともヘア、メイクをしっかり教えてくれる学校がいいのでしょうか?

一部引用の回答はコチラ(全文の回答が読みたい人はリンクをクリック)

テレビ業界で働くものの意見としては、メイク美容系の専門学校へ行くより、必ず美容師免許を持っている、そして美容院勤務経験のあるヘアメイクさんでないと、言葉は悪いですがアダルトやローバジェットの質の悪い仕事が多くなります。信頼度が低いからです。
なぜなら、メイクは自前でベースを作ったりするタレントや女優はたくさんいますが、ヘアは自分では作れないので、技術が必要とされます。
ネイルはまた別に専門の人がいるので、知識はあるに越したことは無いですが、マストでありません。大きな意味での相談相手にはなっても専門の職種が別にあるからです。
引用元 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13121134063

基本的には美容師さんのサロンワークと同じ事を社外でやるイメージでもいいと思います。

地味な作業の繰り返しですし、華がある職業ですがかなり過酷なジャンルだと思います。

有名なヘアメイクさんの弟子入りから始める人も入れば、雑誌等のヘアメイク募集から攻める人もいます。

サロンワークから外部に出張し、抜擢されるケースもあるので様々なパターンがあります。

 

稼げるのは一握り

 

ヘアメイクアーティストやスタイリスト(ファッション全般)も稼げるのはほんの一握り。

タレントさんもこだわりが多い人、少ない人、気難しい人もいます。支持してもらえるまでに積み重ねるキャリアも必要ですし、

人脈作りも必要になります。

映画撮影、ロケに同行する場合も拘束されますし、時間もバラバラ。体力勝負な部分も美容師のサロンワークそのもの。

目指すなら相当覚悟を決めて業界に飛び込んでほしいですね。

 

 

夢を追うのか、メシを食うのか

 

ここで一度考えてみましょう。

どの業界でも一流になるには大変な道のりが待っています。夢を叶える為には並大抵の努力では足りません。

更にヘアメイク一本で稼いでいくには地方では限界があります。

だいたいが首都圏ばかりです。そして夢半ばで終わる人達も多いです。

憧れのステージに立つのか、それとも生きていく為に稼ぐのか。

年齢を重ねて行く程、人生を冒険する事も難しくなってくるので、

夢や理想を追いかけるなら、計画と準備は少しでも早い段階から始めましょう。

 

 

まとめ

 

実はこの内容は、とある美容師さんから頂いたお話から記事作成になりました。

美容学生さんや1年目、2年目のアシスタントの皆さんは夢に向かって走っている人が多いです。

でも下準備をしてない人が多いので、気分で目標を変えようとします。

人生そんな甘くはないので、スタートの差が人生を大きく変える場合もあります。

目標を掲げ進んで行く事、その世界で成功するには、

将来のビジョンからの逆算が必要です。

そして、

自分なら必ず成功する!やれる!!という暗示を自分にかけ続ける事です。

あの有名なサッカーの本田選手も【自分の夢、そんなに簡単に諦められるかって話でしょ。】って言ってますし。

【本田圭佑の名言集】 この言葉があなたの人生を変える!

最終的には気持ちと根性と鋼のメンタルがあれば何だってできます。

 

この記事を読んで少しでも参考になったと思ってもらえれば幸いです。

bisuta.jpは美容師専門の国内最大級の情報共有メディアサイトです。少しでも多くの美容師さんに面白いと思ってもらえる記事を

今後も配信していきます。

【下記の公式LINE@お友達追加ボタンを押してもらうと限定タイムラインやアンケート等を見る事ができます】

5000人限定予定で現在1556名突破中

 

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数
現在、お友達目標5000人で4012人突破中!

この記事をシェア

コメントを残す

美容師ハックの関連記事
  • 【bisuta賞】minimoヘアコンテスト受賞の美容師さんのご紹介♪
  • 小規模サロンを考えている人向けマンションサロン開業マニュアル
  • ☆特典がスゴい☆minimo Hairstyle Contest 2018開催♡
  • 【美容室の閉店数、過去最多】の記録更新から私たち美容業界の人達が知っておく事まとめ
  • 【プライドVSプライスにどう向き合う?】美容業界に広がる二極化問題について。
  • 美容師さんは知っておくべき!ブログを書くのもSNS更新も【キーワード選び】が大事!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

人気の記事
美容師あるある【SNSチェック症候群】
note専用有料記事
SNSチェック症候群になってる美容師さん多くないですか?? 【目次】 ・美容師はランキングを取る仕事ではない ・だいたいAirの木村さんの話...