指名売り上げ1000万プレイヤーの情報求む!!そういえば美容師さんはどこからがスゴいと言われるの? | Bisuta

美容師ハック

指名売り上げ1000万プレイヤーの情報求む!!そういえば美容師さんはどこからがスゴいと言われるの?

By: liz west

スタイリストの指名売り上げ100万は最初の壁だがそれ以上はどれくらいがスゴいのか?

240_F_63160610_OO3tkTntewZ1ZBWw8U4dChdnS9gYLW1Z

スタイリストになってからは個人の売り上げの数字というモノにもこだわる様になってきます。

技術職である以上、歩合性でお給料が出ている所も多いと思います。

フリー入客も込みで100万円の売り上げを作るのは簡単ですが、指名売り上げだけで100万円以上作るのは大変です。

ではどの位からがスゴい美容師さんとして噂されるのでしょう?独自のリサーチにより出た結論を勝手に書いてみたいと思います。

売り上げが全てではないですが、数字を意識している人達が多い業界でもあります。

こちらの見解はあくまで独自のルート等で作成したボーダーラインなので、

批判等は勘弁してください。

美容師の世界は華やかな反面、数字を追わないといけない世界でもあります。

ビジネス的観点で考える人が少ない業界でもあるので、

若いうちから数字に関する知識、平均値を知っておく事は非常に大事だと考えます。

ではまず指名売り上げ100万以上はどの位なのか・・・

軽くまとめてみました。

100万美容師

ここがまずスタイリストの第一の壁です。基本的にジュニアスタイリストから成長していき1人前の美容師として評価される基準の数字でもあります。

基本的な事に忠実にやっていけばまず達成できます。

200万美容師

ある程度美容師仲間に自慢していいレベルだと思います。指名100万と200万の間には見えない壁もあり実は到達できない美容師さんも多いです。

接客、技術が伴わないとまず難しいボーダーラインです。

300万美容師

地域でそこそこ有名な美容師さんレベルになります。知名度もついてこないと難しいです。あの美容師さんってスゴいらしいねって言われだします。

指名数が250名以上いないと300万円の数字に到達するのは難しいです。

400万美容師

ある程度アシスタントを抱えないとクリアできないので、非常にハイレベルな美容師さん。

集客力や紹介からのお客様も囲っていかないといけないですし、チームのポテンシャルも高くないと実現できない数字です。

この辺りから美容業界でも一握りの存在になっていきます。

500万美容師

単価10000円で考えても指名数が500人は必要。1日20人指名客が来て25日稼働しないと達成できないのでサロンキャパも必要。

地域で名前が知れ渡るクラス。チームプレイとお店の席数もないと難しいなかなか到達できないレベル。

600万美容師

単純に毎日の個人平均売り上げが25万円以上いるレベルなので、相当難易度が高めのレベル。全国に名前が知られるクラス。

700万美容師

1客当たりの施術時間が限られる上に、短時間の接客でもリピートさせないといけないので相当ブランディングも出来上がっていないと難しいレベル。

そろそろ神レベル。

800万美容師

26日間毎日30万円の売り上げを作って約800万円です。全国で探す方が難しいスーパー神レベル。

ここからは説明も少し雑になる位、全国でも少数だと思います。

900万美容師Or1000万美容師

お給料は200〜300万円位もらわないとやってらんないって位、毎日忙しいレベル。

全国で何人いるのかリサーチしたい位です。もし現役美容師さんで指名売り上げ1000万円の美容師さんいたらbisuta編集部に連絡ください。

そして取材させてくださいレベル。

気になる1000万プレーヤーの存在

ここまで書き出してみたものの。

900万、1000万のとんでもない指名売りを出す美容師さんって

全国に何人いるんだ??という疑問が浮かびました。

これかなり気になるし、その人の仕事運びや、仕事に関する考え方を聞かせてもらって共有すれば、

業界はもっと盛り上がるんじゃないか??とも思いました。

美容院の多店舗経営をしている人が儲かってウハウハな状態はテレビとかで見た事はありますが、

個人のスキル】がずば抜けている人ってあまりフォーカスされてない気もします。

たまに夜の商売の人が○○○万円稼ぐとか○○○○万円の売り上げ!とかで紹介されてますけど、

美容師の仕事で数百万円を売り上げるってとんでもなく大変な話です。

1本100万のドンペリ空けて数本で達成じゃん。なんてノリじゃないです 笑

薄利多売なお店が増えている中での二極化

今は一人のスタイリストが最後までマンツーマンで接客します。というサロンも増えてきました。

その上低単価でサービスも上質。こんなサロンが増えていけば大人数で構成されている大型サロンと比較した場合どちらの経営戦略が生き残るのでしょう?

今は正直低単価VS高単価の二極化が際立ってきています。

低単価でカットカラーで3000円のサロンもあれば

高単価でカットカラーで20000円のサロンもあります。

需要と供給のバランスですが、どちらにせよ中途半端なサロンは危ないという事になります。

ちなみに一人でカウンセリングから仕上げの場合だと指名売り上げというのは100〜200万が限界でしょう。

900万、1000万の指名売り上げは複数名のチームプレイじゃないと不可能です。

チームで仕事をするというのはスタッフ管理やモチベーションも意識しなくてはいけません。

という事は非常にハードなサロンワークになる訳です。よって大きな数字を作っている【個人のプレーヤー】から学べる部分というのは

相当勉強になると考えます。

まとめ

どの働き方をしていても美容師という仕事には変わりません。

ただどの様な取り組み方をしているのかを知ったり、自分の数字がどの位なのかを把握しておく事はビジネスという観点で捉えても必要です。

立ち位置を知っておく事で目指すラインが決まってきますし、敬意にも繋がってくるでしょう。

毎日楽しければそれでいい。という考えも否定はしませんが、

どうせ毎日取り組む事であれば精一杯動いて充実したサロンワークにしていきたいですね。

好きな事でメシを食う。にもメシが食えないと話にならないので。

文中にも書きましたがもし、周りの美容師さんでスゴい数字を叩き出す美容師さんがいたら是非bisuta公式LINEに教えてください。

それを元にまた記事が書けたら楽しそうだな〜って思います。

bisuta.jpは美容師の為の情報共有キュレーションマガジンです。

情報が面白い!と思ったら是非シェアして業界を盛り上げていきましょう。

【下記のLINE@より友達追加してもらうと限定記事やタイムラインを見る事ができます】

(現在1762名突破中)

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. By: Christian Holmér スタッフがどんどん辞めていく現状を打破するスタッフの定着率を上げ…
  2. By: thejbird 1回の施術が25万円!?小顔矯正サロンから学ぶ高単価でも人が集ま…
  3. By: Alan Sung なぜスタバの店員は辞めないのか。からヒントを得た事。
  4. YUKA20160818270016 【いつからこんな時代になったんだ】撮影モデルに対するギャラ問題を…
  5. B006049978 美容師なら気になっちゃうヘアサロンのリアルな売り上げ数字のまとめ…
  6. By: storebukkebruse 【驚愕の事実】イマドキの新人美容師はサロン選びはどこを重視する?…
  7. By: woodleywonderworks サロンにリピートしてもらう為に磨くのは、【技術】か【接客】どちら…
  8. By: Moyan Brenn 【2017年4月に増税がやってくる】2016年の展望の前にもっと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP