ぎゃー!!まさにコレだ〜!!1店舗目から2店舗目を狙う前に考えるべき事とは。 | Bisuta

美容師ハック

ぎゃー!!まさにコレだ〜!!1店舗目から2店舗目を狙う前に考えるべき事とは。

By: Danielle Moler

今回は美容室を1店舗の経営をしている美容師さんの2店舗目の出店に関する悩みをホリエモンがズバッと

ぶった切っている記事に感銘を受けたので、情報をシェアしようと思います。

多くの美容師さんが独立を悩む中、いざ独立してから悩むであろう点にフォーカスしています。

今は小規模サロンを出店する人がとても多く、多店舗展開する経営者の方は少なくなってきています。

念願の夢が叶ってから、次に悩むポイントも併せて解説します。

 

ホリエモン「店舗数を増やすだけじゃ面白くない!」事業をスケールさせるために本当に必要なこと

「何となく2店目を作っても現在と同じくらい、あるいはそれ以下の稼ぎを出す店がもう1つ増えるだけで、あまり面白くないよね」とホリエモン。

1店目と同じ手法をとっても、おそらく出来上がるのは現在の劣化コピーだけ。

それならさらにスケールするような新たなサービスを始めてみた方が、よほど可能性がありそうだ。

ほとんどのサロンが2店舗目は最初の失敗や改善点を修正したお店作りを考えます。

でも大きな進化をさせているサロンは少ない気がします。

美容師個人にお客様はつく

ホリエモンが単純な店舗数の拡大を勧めないのは、美容院では店に客がつくというよりは、美容師個人に客がついているケースが多いから。実際にホリエモンも、雑誌出演時の美容師を気に入ったから、現在でも彼の独立先に通っている。

 

美容師の独立問題は永遠のテーマです。フランチャイズ化しても揉める所は揉めるし、結局は美容師個人にお客様がつくのを、

お店につく様に促すにもどうしても限界はあります。

 

bisuta編集部も納得の意見。

 

bisuta編集長も実は現在も店舗を2店舗持っており、bisuta.jpを平行で運営しています。

なので1店舗目の出店や2店舗目の出店というのは経験済みです。

お店が繁盛しすぎて2店舗目というケースの場合は劣化版になるケースは少ないですが、2店舗目から3店舗目に関しては

大きなチャレンジをするオーナーさんは少ないでしょう。

いわゆる守りの姿勢が目立ってきます。

だったら、1店舗で強靭な強い美容室を作り上げ、また違ったサービスで

スケールさせればいいと思います。

そういった意味でもホリエモンの記事には非常に共感する部分がありました。

 

目先の利益は追わない

 

ビジネスで考えた時に、1店舗の美容院があったとしても毎月の営業利益はせいぜい50万〜150万ってところでしょう。

毎月営業利益が出ないサロンだって腐る程あります。50万出てれば御の字という美容室だって多いです。

2店舗目をリスクを負って出店したとして、更に経費が加算されたとして、30万〜100万位に目減りすると過程します。

そこから両店舗軌道に乗せたとしてもMAX300万〜400万(ここまででれば上出来)とします。

それより、1店舗で営業利益が500万、1000万と出せる仕組みを考えた方が、

面白いと思うんですよね。

目先の100万、200万より、

数年後の1000万、2000万を狙える新しいビジネススキームを作る方がワクワクするとbisuta編集部は考えています。

まぁよくいう結果は後からついてくる。みたいな感じです。

 

まとめ

 

今の時代、複数店舗を出店するのはある意味、自殺行為だと思うんですよね。

散々書いてきましたが、少子高齢化、美容室飽和問題、薄利多売サロンの増加、美容学生の減少。。。

美容業界が先細りの状況でナゼ借金を増やし店舗をバンバン作るのか??

お店を作って売って利益を出すのもわかるんですけどね。

なんかもっと面白いサービスとか新しい発想で美容業界が活性化できるお手伝いができればと、

常日頃考えていますが、

なかなかそんなパッと思いつきません。

bisuta.jpの読者の方からの意見も随時お待ちしておりますので、面白い閃きがあればどんどんLINEで送ってください。

またその内容もシェアさせてもらいます。

さて今回の記事はいかがでしたか?よかったら是非ブログネタで使ってくださいね♪

bisuta.jpは業界でも有名な美容師専門キュレーションマガジンです。

【下記のLINE@友達追加ボタンで追加してもらうと限定タイムラインや新着情報を見る事ができます】

(現在1881名突破中)

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. By: storebukkebruse 【驚愕の事実】イマドキの新人美容師はサロン選びはどこを重視する?…
  2. By: Claudio Toledo 某カタログから選んで買うよりもAmazonで買う方が5000円以…
  3. By: khrawlings 集客に困ったらすぐ値下げ。そんな腐った思考は捨てませんか?
  4. By: Karl Baron 【新規客は断るな!】新規客を呼ぶのに1人当たり2000円以上払っ…
  5. By: Bart Everson ヘアサロンの集客が丸わかり美容業の集客方法指南書
  6. By: jon 絶頂快眠を約束するサロン『悟空の気持ち』から学ぶヘッドスパ市場
  7. By: Medelie Vendetta 小規模サロンで独立する美容師が急増中!その理由とは?
  8. By: Ted Van Pelt 右向け右!!の組織にしても面白くない。時代の変化に合わせていく事…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP