美容師ハック

1つの事をコツコツやる時代は終わった。【多動力】を美容師に活かすコラム。

今回は久々のコラム企画です。

bisuta編集部で【ホリエモン著書の多動力という本が面白い】という事で読んでみた所、

これを美容師さん達に当てはめてコラムを書いてみても

良い刺激になるんじゃないか??という事で早速執筆してみました。

ホリエモン節が効いていて、とても読みやすく1〜2時間で読み終わるので是非気になる人は読んでみてください。

今回はbisuta編集部が気になった部分をピックアップした内容を元に

美容師さん達に伝えたい事をコラム化してみました。

 

 

1つの仕事をコツコツやる時代は終わった。について

さて、近年の美容師事情としては、めまぐるしい速度で成長しています。

5年前の手法では通用しなくなってきていますし、技術、薬剤、美容機器の進歩も早いです。

技術職ではありますが、

1つの仕事をコツコツ積み上げるのが美学

という観点が少し変わってきている気がします。

10年その業界にいればだいたいの事がわかると言いますが、

15年、20年プレイヤーの人達にその先の成長ってどんな期待できるのか??という

疑問が湧きます。

美容師として華がある20代後半から30代中盤までに

積み上げたモノを昇華できない限り、いつまで経っても将来の不安は消えないと思います。

明日、もしいきなり現場に立てなくなったら??

売上げが上がらなかったら??

近くの場所にライバル店が増えたら??

様々な不安要素を抱えたまま美容師という仕事をしている人も多いのではないでしょうか??

今回の記事は現状に満足せずに、

もっと自分を磨いていこう!というメッセージを込めた記事でもあります。

 

そもそも多動力ってどんな内容?

 堀江貴文のビジネス書の決定版! !
一つのことをコツコツとやる時代は終わった。これからは、全てのモノがインターネットに繋がり、全産業の〝タテの壁〟が溶ける。このかつてない時代の必須スキルが、あらゆる業界の壁を軽やかに飛び越える「多動力」だ。

第1章 1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった
第2章 バカ真面目の洗脳を解け
第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ
第4章 「自分の時間」を取り戻そう
第5章 自分の分身に働かせる裏技
第6章 世界最速仕事術
第7章 最強メンタルの育て方
第8章 人生に目的なんていらない

bisuta編集部は3年前から、複数の武器を持て。と警鐘を鳴らしていました。

本の中にも書いてありましたが、【10000時間】も一つの事をやれば、

ある程度の大枠は理解できます。極める事も大事なのはわかります。

でも求められる特別な存在になるには

美容師の仕事を10000時間×【別の何か】が必要になってくると思います。

中には、

別にそんな忙しく動きたくないし、楽しく生きれればそれでいいや・・・。

一人一人のお客様を大事に向き合っていきたい。

という美容師さんも大勢いると思います。

なので続きが気になる人だけ、先を読んでみてください。

 

美容師の修行期間って長過ぎないか?

本の中にインパクトがあったキャッチコピーを一部載せていきますが、

美容師さんの場合は意味が無いとまでは言いませんが、

スタイリストデビューまで長過ぎないか??

と思います。

例えば寿司職人と美容師。

どちらも技術職。

職人である以上、一定時間の修行期間が必要だと思いますが、

美容師さんのスタイリストデビューまでの道のりって約3年が平均的です。

ですが、サロンによっては5年、7年って所だってあります。

これだけ情報が集めやすくなった時代、集客、モデルハントが簡単になった上に、

SNSでの発信もできる。そんな時代に

昔ながらの考えで5年以上経ってもデビューできないって

どうなんでしょう?

もちろん新規集客が少なくて、ジュニアから上がっていけない。

先輩が多すぎて入客のチャンスが無い。

なんてケースも多いのですが、それは経営側の責任。

美容師のキャリア×【○○○】が磨かれればそんな悩みは払拭できるはずです。

 

何を磨けばいいだろう?

例えば多動力の中に書いてある【特別な存在】になる為に

美容師としての技術、接客が身に付いた後に何を磨けばいいかをザッと考えてみました。

・撮影スキル、SNSの演出、ブログの書き方

・新規客のリピートを上げるカウンセリング力、ケミカル知識、美容に関する情報収集

・会話の引き出しの数を増やす知識と経験、人を惹き付ける自己演出

・WEBでの影響力を高めるブランディング術、遠方からの来客を狙う方法

・お客様が常に飽きずに通ってもらえるサロン全体の魅力を引き出すスキル

少しザックリですが、ここまでは王道なネタ書き出していました。

変わった感じで攻めるなら、

【美容師】×【料理がプロ並み】

【美容師】×【ソムリエ】

【美容師】×【インテリアコーディネーター】

【美容師】×【ITプログラマー】

こんな感じでもいいのではないでしょうか??

 

 

ココ数年で始まった大きなムーブメント

これから先も必ず美容業界では大きな変化が訪れると思います。

ホットペッパービューティーや

リュミエリーナ社のヘアビューロンやヘアビューザー。

イルミナカラーや

SNSマーケティングだって騒がれたのもココ数年です。

そして

その全てに【スマホ普及】が絡んでいます。

いつでも手軽にスマホで情報が集める事ができるし、拡散させる事もできる。

bisuta.jpだってそう。

【美容師さんの欲しい情報が手に入るサービス】というまた新しい取り組みなんです。

 

ちなみに

SNS界隈では有名なAirの木村さんを始め多くの美容師さんが新しい取り組みをスタートしています。

http://naotokimura.tokyo/

 

木村さんは自分を株式化できるVALUもやってるのがスゴいです!もう完全にオンリーワンですね!

https://valu.is/naotokimura/incentives

 

そして、

オンラインサロンの流れも始まってきました。

ゼロから指名100万円UPを目指す撮影特化型サロン/Lessence

https://lounge.dmm.com/detail/477/

 

“NO LIMIT”〜独立から2店舗目を目指す〔美容室経営戦略会議〕

https://lounge.dmm.com/detail/342/

Routine〜SNSプロモーション特化型美容師オンラインサロン〜

https://lounge.dmm.com/detail/327/

 

これも多動力の重要性に気付いてアクションを起こした人達の努力の賜物だと思います。

一朝一夕ではこのレベルにはなれません。

自分達の築き上げてきた知識や経験をオンラインでシェアする。

でも一昔前にはオンラインサロンなんてサービスはありませんでした。

この進化スピードの早い今の時代にアナログなままを貫くって選択肢は避けましょう。

何事も吸収し続ける事は忘れずに。

 

 

 

まとめ

長くなってしまいましたが読んでみていかがでしたか??

最後に用意した画像も多動力の中にあったキャッチコピーですが、

これは間違いない。

信頼を得るにはレスポンスの早さ・・・大事です。これはビジネススキルとして必須です。

 

そして

美容業界では必ずと言っていいほど、同じ問題と悩みを抱えています。

それは

【人間関係】

美容師としての格言を書くなら、

人がついてくる人程、人の気持ちを考え、良い所を見つける能力が磨かれている

悪い所を探すクセを無くし、良い部分を探した方が毎日の過ごし方が全然違う。

どうやったらストレスフリーに少しでも近づけるか工夫してみましょう。

 

さて、色々とまとめさせてもらいましたが、

1つ1つをコツコツやるのは当たり前ですが、本当に大事です。

でも効率の良さ、成長スピードを上げる為に他に何か工夫できる事はないか??を

常日頃考える事が必要です。

美容師さん達は職人気質な人が多いですが、柔軟性と短縮化を考えて、凝り固まった思考を

ぶっ壊して、切磋琢磨していけると素敵な未来が待っていると思います。

 

今回のコラムがちょっとした刺激になってもらえたり、活力になってもらえれば幸いですし、

全国の美容師さんでシェアしあったりしてもられば嬉しいです。

 

bisuta.jpは美容師業界でも有名な情報共有のできる国内最大級の美容師専門キュレーションマガジンです。

【下記のLINE@友達追加ボタンで追加してもらうとタイムラインでしか見れないレアな情報を見る事ができます】

(現在LINEお友達数は3004突破中)

 

 

 

 

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


この記事をシェア



関連記事

  1. 集客に困ったらすぐ値下げ。そんな腐った思考は捨てませんか?
  2. 右向け右!!の組織にしても面白くない。時代の変化に合わせていく事…
  3. 1年間でLINE@の友達【特定ジャンル】を2000人集めたのは快…
  4. お客様からもらった面白い差し入れまとめ
  5. 心理学から学ぶ店販のオススメ方法5選
  6. まつ毛エクステ男子が急増中!なぜイマドキ男子はキレイにこだわるの…
  7. 【どんな環境だったら働きやすい!?】リアルガチで美容師さん500…
  8. 美容師って遊んでそうに見えるけど実は大変なんです。を共感しましょ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お洒落なシザーケース探してませんか?

PAGE TOP