美容師の仕事に未来はあるのか徹底検証してみた | Bisuta

美容師ハック

美容師の仕事に未来はあるのか徹底検証してみた

スポンサーリンク

今のまま美容師を続けて将来はどんな感じになるかちゃんと想像できてますか??

恐らく不安が多い人の方が多い事でしょう。

夢に希望を膨らませて入った美容業界。なぜこの様な状況に変わってきたのか。

今回はそんな美容師の将来性に関してを徹底追求してみました。

 

美容師、将来、不安、悩み、男

By: Karen

このワードはインターネットで【美容師】【将来】で検索した際に次に出てくる単語です。

一昔前までは【夢】という単語も出てきていたのですが最近ではマイナスな表現が目立つ様になってきました。

これは今の美容師さんが多くの悩みを抱えている事を意味しています。

 

美容師の仕事はちゃんと稼げる仕事

ただし、幹部クラスか独立開業しないと稼げる様にはなりません。会社員の様なボーナス制ではないですし年功序列の世界ではありません。

お客様を多く抱え、売り上げを作れる様になって始めて収入は跳ね上がります。そこにたどり着く前に諦める人が多いから業界が発展しにくいのかも。

指名売り上げが300万もあれば年収1000万超えも可能です。

 

美容師の平均年収

これにこだわる時期がある気持ちはわかります。長時間拘束で給料が安いし時給計算するととんでもない・・・。

技術が身に付くまでは修行の身です。稼ぎたいなら自分の実力次第という事ですね

平均は年収300万以下でしょう。ですが筆者が会った事のある雇われている美容師さんでも年収2000万超えもいました。

 

不安の声に男性が多いのは

やはり一生の仕事にするべきか悩む時もあります。体力の低下もありますしお客様とセンスが合わなくなる事もあるからです。

女性よりも男性の方が悩みを抱えている傾向にあります。

多くの悩みの原因は

結婚
いつまで働けるか
数字が上がらない

 

指名売り上げが100万円以上出せない美容師さんはこの悩みを抱えている場合が多いです。

 

暗い話より明るい話をします

 

多く稼ぐ人は【ありがとう】をたくさんもらう人

 

美容師の仕事は、多くのお客様に「ありがとう」と感謝される仕事です。

キレイにしてくれてありがとう。

気分を変えてくれてありがとう。

想い通りのスタイルにしてくれてありがとう。

売れてるスタイリストに共通するのはズバリ”感謝の言葉”を多くもらう人なのです。その流れから紹介客やリピートも増えて

指名売り上げは上がっていきますし数字が上がればお給料も上がります。

実は数字を上げる事は簡単で多くのありがとうを集めればいいのです。

今日から取り組める第一歩です。

 

今後の未来を知っておきましょう

ここからは美容師さん、経営者さんは理解しておかないといけない事です。

今後の人口の減少と、今後50年の人口の推移はこちらから確認できます。

http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2012/zenbun/s1_1_1_02.html
9,000万人を割り込む総人口

我が国の総人口は、今後、長期の人口減少過程に入り、平成38(2026)年に人口1億2,000万人を下回った後も減少を続け、60(2048)年には1億人を割って9,913万人となり、72(2060)年には8,674万人になると推計されている

 

これは内閣府のデータ情報ですが、人口の減少は必ずやってきます。

自分には関係ないでしょ。なんて言ってられない時代がきます。

未来は明るい反面、厳しい現実に対して対策を練っておく事が大事ですね

 

まとめ

 

美容師を続けるか続けないかの葛藤は誰もが経験していますし、皆さん壁を乗り越えています。

売れるスタイリストになれば消えていく悩みです。

自信が持てる様になるまでお客様第一主義でがんばっていきましょう。

bisuta編集部は少しでも役立つ情報を配信していきます

 

スポンサーリンク

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. キアヌ・リーブスに比べれば僕ら美容師達の悩みなんて小さいもんだ。…
  2. スタッフがどんどん辞めていく現状を打破するスタッフの定着率を上げ…
  3. 美容院の出店バブルはいつ崩壊する?今後の動向に注目しながらチャン…
  4. 消えていく美容院オーナーが多いので明るい未来の為に【利益率】につ…
  5. ドキっとする人もいるのでは?【美容院の共同経営ってするべき?しな…
  6. 【美容院共通の悩み】生産性と予約管理の葛藤とは?
  7. 【閲覧注意!】美容師の負(ふ)の部分についてまとめた超ディープな…
  8. 【驚愕の事実】イマドキの新人美容師はサロン選びはどこを重視する?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP