美容師が逮捕されるとこんな結末が待っている。
PR

先日こんなニュースが飛び込んできました。

 製造番号を削り取った美容室専売メーカーのシャンプーなどをインターネットオークションで転売したとして、警視庁は6日、東京都渋谷区道玄坂2丁目の美容室「Riku」の男性店長(45)ら美容師3人を医薬品医療機器法違反(不正表示化粧品の販売)の疑いで書類送検し、発表した。店長らは容疑を認め、「物販に興味があり売りたいと思った」と供述しているという。  生活環境課によると、送検容疑は2017年6月~18年11月、美容室向けヘアケア製品メーカー「ミルボン」のシャンプーやトリートメント計5点の製造番号を削り取り、成分が記載された外箱を外した状態でオークションサイト「ヤフオク」に出品し、大阪府の40代の男性ら4人に計約2万円で販売したというもの。3人は「メーカーの監視が厳しいので、ばれないように番号を削った」などと述べているという。同課は、同じ期間に同様の方法で計約580万円売り上げたとみている。

 

遂に美容商材不正流通で書類送検かぁ。。。いつかはくるかな?と思ってましたが、実際に起こっちゃいましたね。何よりそのサロンで働いている人達が可哀想ですが、実はその先に待っている事というのはほとんどの人が知らないと思います。

でもこの事例によって一度、みなさんも知っておかないといけない事実をまとめました。

美容師が逮捕されるとこんな事が待っている

今回の記事はnoteにしっかりわかりやすくまとめてありますので、簡単な目次だけ書いておきます。今回は文字数が約5000文字と多いので特別に途中まで読める様になっていますので全国の美容師さんはもちろん、メーカー、ディーラーさんにも是非読んで頂きたい記事となっております。

・美容室経営者逮捕の場合は?最悪融資がストップし一発アウト。

・もし従業員が逮捕されたらどうなるの?前科がある場合は?

・広告媒体はどうする?ホットペッパービューティー掲載落ちになる事例まとめ

・実際にあったリース関係がいきなりストップした話。

・仮に炎上したら、逆SEOという手法も知っておくべし

メーカーさん向けに商品の不正流通を一発で止めさせる(たぶん)最強の方法も書いてあります。

美容業界を知り尽くしたbisuta編集部が、驚きの情報の数々をリリースします。では続きはこちらから。

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数
現在、お友達目標5000人で4402人突破中!

この記事をシェア

コメントを残す

関連キーワード
  • 美容師が逮捕されるとこんな結末が待っている。
  • 2019ホットペッパービューティーアワードはどうなるのか!?
  • サロンをリピートしなくなる理由と、その対策は何をすべきか?
  • Lond作戦から学べ。ビューティーアワードのカラクリ解明!!
  • 【必見!】今後ますますホットペッパーからの離脱が不可能になる。掲載に関して知っておく事。
  • ホットペッパービューティーが提案する新サービス【EXLOOP】とは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

人気の記事
美容学校事情!2018年問題。
コラムニスト記事
今美容専門学校は実は減ってきています! 単純に生徒が減ってきているからですね。。。 美容師の減少を見れば考えるのも容易だと思いますが、、、 ...
困ったクレームまとめ
美容師ハック
お客様は神様です!と言いたくない時もあるはず 接客業をしていると、必ず一度は経験した事があるであろう クレーム処理。 そんなクレームもいい...