PR

美容師ハック

集客に困ったらすぐ値下げ。そんな腐った思考は捨てませんか?

投稿日:

新規のお客様が来ない。このままではお店が潰れてしまう。

そうだ!ライバル店よりサービスを増やして値下げもしよう!

こんな安易な方法で値下げをして集客しようとするダメな経営者さんを多く見てきました。

今回は美容業界の為にも炎上覚悟でコラムを書いていきます。

 

全国で見る客単価は

全国で見ると美容院の価格設定には非常にバラつきが見られます。激安店、適正価格のお店、高級店。

例えばカット、カラーで比べてみると安いお店で3000円以下。高いお店だと

15000円以上。適正価格は土地や地域によって異なるのですが10000円と仮にしておきましょう。美容院の全国の平均単価は6000〜7000円と言われています。

数年かけて習得した技術とサービスを提供して3000円or15000円。

美容業界のこの料金の値下げ合戦は今静かに問題になりつつあります。

 

激安サロンの実態とは

 

ではなぜここ数年で価格崩壊が起きてしまったのでしょう。原因として上げられるのは薄利多売サロンの増加にあります。

安くて最高のサービスが提供できているサロンが増えるのは良い事ですが、実際は単価が低い分、回転率を上げていかなければお店は赤字になります。

共同で薬剤を大量購入、コストダウンし高回転でお客様を担当します。

ここで問題なのが、働く美容師さんとお客様の認識が変わってしまう事です。

美容師さんは【3000円でカット、カラーやってるんだからちょっと雑でも大丈夫でしょ】

【安いんだからこんなモンでしょ。こだわるなら高い店行けばいいのに】

お客様も【安いから文句は言えない】【やっぱ安い所はダメだね】という

なんとも言えない関係性ができてしまいます。

 

 

安くすれば価値がなくなる

ここで考えてもらいたいのが値下げで集客しようという経営者は、もう次に打つ手段がないという事です。

一番簡単な手法に走って、考える事をやめてしまっているからもう繁栄はありません。

維持できても数年。多店舗で展開する事ができなければ衰退していきます。反対に

高級店や流行っているお店はクーポンを使って安くする事を考えるのではなく、

高くても来店してもらえるサービスを考えているお店が多いです。ここに経営者としての手腕が問われる訳ですね。

 

 

最終手段で値下げを考える

値下げがダメという訳ではなく、あくまで最終手段に値下げを使うのは戦略として取り入れてもいいと思います。美容師さんの場合は名プレイヤーであった場合でも経営者としては全然ダメ。こんな話をよく聞きます。しっかりとしたビジョンを立ててお店の運営にも取り組まなければなりませんね。

 

 

高齢化でもチャンスはある

60代の方を中心に取ったアンケートにこんな結果があります。

【加齢に伴う悩みは何ですか?】

白髪の増加
薄毛、ボリュームがなくなってきた
肌にシミ、しわが増えてきた

こんな回答が多くなってきます。

そんな悩みを解決するメニューや商品に関して

『品質重視』VS『価格第一』を比較した所

60代男性 86・2%

60代女性 74・5%

多くの方が『品質重視』という回答になりました。つまり60代の多くの人達が結果が出るモノ、安心できる高い商品を求めている結果に。

高齢化社会でもニーズにあった提案をできて満足いく結果が出せれば高単価でもお客様は集まります。この様なデータを元に考えるのも必要ですね。

 

 

まとめ

今後の美容業界でも2極化は更に進んでいくと予想されます。

あなたのお店は高単価で上質なサロンを目指しますか?

それとも

低単価で多くのお客様を回転させるお店を目指しますか?

bisuta編集部は多くのサロン様や美容師さんに読んでよかったと思ってもらえる記事配信をしていきます。

 

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数
現在、お友達目標5000人で4402人突破中!

この記事をシェア

-美容師ハック

Copyright© Bisuta , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.