美容師ハック

絶頂快眠を約束するサロン『悟空の気持ち』から学ぶヘッドスパ市場

By: jon

ヘッドスパサロンのニーズが高まってきていますが、ドライヘッドスパという新ジャンルで人気が出てきている【悟空のきもち】というサロンをご存知ですか?

 

このサロンは現在予約が1か月待ちという驚異の数字を叩き出している

【日本初 頭の専門店】という新しいサロンです。

現在京都、東京、大阪で展開しています。

今回はこちらのお店から学ぶ美容院も学ぶべき点を解説していきます。

 

絶頂快眠というワード

By: jon

【絶頂快眠】この文字を見て何を思い浮かべますか?とてつもなくスッキリ眠れそうな言葉です。

このサロンは極上の癒しと睡眠を提供するという言葉を『絶頂快眠』として紹介しています。来店されたお客様が10分経たずに寝てしまうというヘッドスパはどんな内容か気になりますね。

参考にしたいのが、この言葉から連想させる表現。美容院でもツヤツヤ、しっとり等イメージを作りやすい言葉を使う場合が多いですがわかりやすく伝わる宣伝文句を考えるのも大事ですね。

 

ヘッドスパの認知

 

近年ヘッドスパの需要は高まってきていますが、まだ導入サロンが少ないのも現実です。ヘッドスパはお客様に喜ばれるサービスですがスタッフの手が取られます。

またシャンプー台での施術になるので使いたい時に全席埋まってしまうというデメリットもあります。ヘッドスパをメニュー化する場合はシャンプー台の設置台数も考えないといけませんがこれからの需要も考えるとヘッドスパ専用のブースを作ってみるのもいいでしょう。

 

リラクゼーションサロン

リラクゼーションサロンやマッサージサロンは比較的開業資金が低く開業できるので人気ですが、ここ数年急激にヘッドスパ専門サロンも増えてきています。

美容院としても頭皮に関する技術で、お客様が分散してしまうのは避けたいところ。。。一度スパメニューの強化を図ってみては?

 

単価設定

店舗によって価格設定のばらつきがありますが、基本的に10分1000円のプライス設定をオススメします。実はヘッドスパの需要では安すぎる料金だと人気がでない傾向にあります。

30分500円より30分3500円の方が『極上のサービス』を受けられる気がしませんか?スタッフのモチベーションも同じです。

30分がんばって利益500円より、30分がんばって利益3500円では打ち込み方も変わります。

高い料金をお客様から頂いているのだから、しっかりしたサービスを提供しなければ・・・こんな気持ちにもなります。

特にヘッドスパはアシスタント1年生からも練習次第で入客が可能なメニューです。教育時に時間と頂くお金の関係性も伝えてあげましょう。

 

まとめ

By: Honou

悟空のきもちが繁盛店になるのも技術、接客、サービス、結果や効果が優れている事もありますが、ドライヘッドスパという乾いた状態で行う施術の新鮮さも人気が出ている秘訣だとbisuta編集部は考えます。そして究極の睡眠導入。

睡眠を商売に上手く組み込んだ事例とも言えるべき今回の内容ですが、

美容師さんも知っておいて損はない情報ですね。

視点を変える事で新たなビジネスチャンスがあるかも!

bisuta.jpは全国の美容師さん、サロンさんのヒントになる情報を配信しています。【シェアは大歓迎】

 

 

 

 

 

 

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. By: Mark Knobil 美容師を目指す若者を業界全体で増やす取り組みは最重要課題である。…
  2. By: Julien Belli 美容院の出店バブルはいつ崩壊する?今後の動向に注目しながらチャン…
  3. By: Juanedc 実は意外と知られていない全ての美容院オーナーが密かに感じている違…
  4. By: Medelie Vendetta 小規模サロンで独立する美容師が急増中!その理由とは?
  5. YUKA20160818270016 【いつからこんな時代になったんだ】撮影モデルに対するギャラ問題を…
  6. By: storebukkebruse 【驚愕の事実】イマドキの新人美容師はサロン選びはどこを重視する?…
  7. B006049978 美容師なら気になっちゃうヘアサロンのリアルな売り上げ数字のまとめ…
  8. By: shaun kennedy 1年間でLINE@の友達【特定ジャンル】を2000人集めたのは快…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP