美容師ハック

【美容院共通の悩み】生産性と予約管理の葛藤とは?

By: el7bara

美容院で売り上げを作るには【客数×客単価】ですが、一人一人の生産性を上げるという部分が

今も昔も変わらない美容業界の課題となっています。

今回は生産性と予約管理についての美容師あるある、ならぬ美容師の悩みについてわかりやすくまとめていこうと思います。

一人一人の生産性

生産性とは美容院の売り上げに対する一人あたりの売り上げを数値化したもので、

割り出し方は売り上げ×スタッフ数で算出可能です。

今の美容業界の平均は1スタッフあたり50万〜60万円と言われています。

スタッフ数が10人であれば500万円〜600万円

スタッフ数が20人であれば1000万円〜1200万円程でしょう。

ここをベースと考えて今のあなたのサロンの生産性はどの位の数字ですか??

全国のサロンデータベースでは驚異的な数字を出すサロンさんも多いです。

ワンスタッフあたり平均150万というサロンもあれば、4、5名で1000万円を叩きだす小規模サロンも実際には存在します。

 

予約数によるサロントラブル

今はネット予約が主流になりつつあり、電話予約とのブッキングも少なからず発生します。予約管理はレセプションが行うサロンと現場のスタッフが管理するお店と分かれますがトラブルも多く発生します。

スタッフ数が10名いて同時に取るお客様の数を8.9名に抑えるサロンもあれば15名以上を同じ時間帯に受けるサロンもあります。経営者としては売り上げを上げる為になるべく多くのお客様を入れたいので

予約を詰め込む傾向にありますが、現場で働くスタッフは常にドタバタになります。サービスの低下にも繋がりやすいのでせいぜいスタッフ数+2名位が均一なサービスが提供できる予約数でしょう。

賛否両論あるとは思いますが、予約管理によって売り上げ数も変わるので一度サロン内で予約に関するディスカッションをしてみてもいいかもしれません。

 

セット面、シャンプー台が足りない

 

生産性を上げたいのに席数が足りなくて上げる事ができない。

サロンさんの多くの悩みに

【集客数は問題ないけど席が足りない】【ヘッドスパメニューを増やしたいけどシャンプー台が足りない】という悩みを抱えている所も多いのが現状です。

他にも【新規集客がなくて、ジュニアスタイリストが育たない】等、挙げ始めればキリがない位です。これも美容師あるあるで使えるかもしれませんね。

 

 

 

生産性を上げるには

美容院というのは取引先のディーラー、メーカーによって成り立ちます。メーカーから商品が発表され、ディーラーが各サロンに出向き商品の説明をする。

美容院はその数ある商材から自分達の気に入る商品を入荷し、お客様へサービスを提供しています。

各ディーラーも美容院の売り上げが上がらないと、商品を購入してもらえないので、隣店講習やスタジオ講習、泊まり込み研修等、様々な企画をしながら売り上げを上げる努力をしています。

その中でも特に多く聞く言葉が【生産性】

これを上げるには単価アップのプラスメニューの提案や商品販売(店販)です。行き過ぎたアプローチはかえって失却に繋がります。

その人にあった説明、提案、このメニューをする事でどれだけ変わるかの期待感を提供できるか。ここが上手な美容師さん程、生産性は上がっていきます。

ですが、サロンワークはチームで行うので一人が突出していても意味がありません。

5人で500万円の売り上げのサロンがあったとして、

1人が300万円売り上げ、他のメンバーが50万円×4人でも生産性は100万円です。

 

まとめ

 

これから独立開業を考えている美容師さん、今経営しているサロンオーナーさん。

または現場で働く店長さん、マネージャーさん。今ご自身の働くサロンは目標設定通りの生産性を達成できていますか?

今は小規模で小さい美容院開業も増えていますし、美容院事情も二極化しつつあります。

お店の生産性は美容師にとっても永遠のテーマ。

サロン管理者にとってみれば、この数字を意識する事は美容院マネジメントの能力の一つとして必要です。この記事を読んで意識が変わってもらえれば幸いです。

bisuta.jpは美容院に必要な情報を常に配信する日本で有数の美容師専門ポータルサイトです。

記事が参考になったら是非ブログでも引用してください。

 

 

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. By: storebukkebruse 【驚愕の事実】イマドキの新人美容師はサロン選びはどこを重視する?…
  2. B005508608 お客様からもらった面白い差し入れまとめ
  3. By: Randy Lemoine 成功への近道は感謝の気持ちをたくさん集める事!【WIN-WINを…
  4. By: khrawlings 集客に困ったらすぐ値下げ。そんな腐った思考は捨てませんか?
  5. By: shaun kennedy 1年間でLINE@の友達【特定ジャンル】を2000人集めたのは快…
  6. By: Alan Sung なぜスタバの店員は辞めないのか。からヒントを得た事。
  7. By: Julien Belli 美容院の出店バブルはいつ崩壊する?今後の動向に注目しながらチャン…
  8. By: angelofsweetbitter2009 インスタグラムで「神の腕」と絶賛の美容師の作品がヤバいwww

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP