サロンインテリアのこだわりってどこまで追求すべきか | Bisuta

美容師ハック

サロンインテリアのこだわりってどこまで追求すべきか

スポンサーリンク


Photo credit: Melodi2 from morguefile.com

 

サロンのインテリアは、オシャレであるべき。

それは、お客様に綺麗になってもらう為の非日常を提供する為。

 

ですが、コストかけすぎてませんか??

空間を演出する事は美容院として最低限の事ですが、ここにコストをかけすぎていると後々苦しくなってきます。

今回は美容院のインテリアに関してまとめてみました。

 

お客様はインテリアを求めにきている訳ではないのです。

数十万〜数百万のインテリアを置くより、数千円の特別なサービスをしてあげた方がよっぽど喜んで頂けると思いませんか?

サロン内のインテリアをこだわるオーナーさんも多いのですが、一度考えてみてもいいかもしれませんね。

 

実は固定資産税が意外と高い

 

耳が痛い経営者様も多いのではないでしょうか?カットチェアーやシャンプー台、ワゴンやツール全般でもコストをかければかける程、固定資産税も上がります。

でも、インテリアやチェアーもこだわる人が多いのもこの業界の特徴でもあります。

誰だってダサいサロンにはしたくないですからね。

まとめると、やり過ぎ厳禁という事です。

どうしてもこだわりすぎてしまって、数年後に閉店。借金のみ残る。

こんな美容院経営者様を多く見てきました。

 

一度にやり過ぎず、少しずつ改装していけばいいと筆者は思います。

サロンも5年、10年と経過していく事に劣化していきます。またずっと同じ雰囲気だとお店に来店されるゲスト(お客様)も飽きてしまいます。

2年に一回位少し改装したり、インテリアを増やしたりして長い目でサロンを完成に導くのが事業を長続きさせる秘訣になるかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. 美容師って遊んでそうに見えるけど実は大変なんです。を共感しましょ…
  2. キアヌ・リーブスに比べれば僕ら美容師達の悩みなんて小さいもんだ。…
  3. 【美容師コンサルタントのブログから学ぼう】別の観点から学ぶリピー…
  4. 某カタログから選んで買うよりもAmazonで買う方が5000円以…
  5. 美容師が知らないと損をする独立前にしておかないといけない事とは?…
  6. ダイソンのドライヤー【スーパーソニック】とリュミエリーナ2Dドラ…
  7. 集客に困ったらすぐ値下げ。そんな腐った思考は捨てませんか?
  8. 指名売り上げ1000万プレイヤーの情報求む!!そういえば美容師さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP