美容師ハック

美容師さんも最低限知っておこう!銀行融資ってどうやったらいいの?

By: David Goehring

美容師を志して、自分のお店を持ちたい!!という方は多いです。

もちろん今働いているお店を大きくする為にがんばっている美容師さんもたくさんいます。

今回は独立前に知っておいた方がいい【銀行融資】についてまとめていこうと思います。

これを知る事で今のお店のオーナーさんを少し尊敬できる様になるかも!?

独立前はどうすればいいの?

念願の自分のお店を持つまでには数多くの事をしなければなりません。詳しい詳細は別の記事にも書いてありますのでそちらを参考にしてみてください。

独立を決めたらまずやらないといけない事は金融機関へ出向く事です。

今の自分の属性でいくらまで融資がつくのかを銀行の方に聞いてみないと始まりません。

事業計画書も必要ですが、まずは一度相談して実際にいくら必要なのかまとめておく事をオススメします。

一番大事なのが【自己資金】です。

金融機関もその人のヤル気を見る判断基準として自己資金は必ず重点をおきます。

せめて希望金額の3分の1は準備しておきたい所ですね。

1000万円を考えているなら開業資金は300万〜400万は必要です。

融資と金利について

美容師さんが一般的には融資をお願いする先は、銀行か金融公庫になりますが、どちらかというと融資がおりやすいのは金融公庫です。両方に出向いて各金融機関の可能な融資額と金利が何%で期間が何年かを把握しましょう。

金利も1%違うだけで金額も大きく変わります。自己資金が多ければ多い程、交渉に有利なのでしっかり準備しましょう。

補足ですが、直前に身内や友人からお金を工面して自己資金に見せても交渉しづらいです。

1年〜半年前からコツコツ貯めていると判断してもらえる様にしましょう。

 

融資期間を考える

融資期間は長ければ長い方がいいとbisuta編集部は考えます。事業を長く続けるには体力が必要です。

ここで言う体力とは運転資金の事です。

金利を払うのがもったいないから早く返してしまおうと考える方も多いですが、毎月の返済に追われる事により考えも鈍ったり、経営戦略で攻めないといけない場合もアクションが鈍ります。

また最初のうちは税金等も予期せぬタイミングでくる事もありますので、その事も頭にいれて事業計画を練りましょう。

多少利息を払いながらでも多くの運転資金を出資してもらって長く続くサロン経営をするのが目標設定です。

自分のお店を持ってお給料もたくさんもらえる様になって順風満帆な美容師生活を過ごせると思ったら大間違いです。収入と支出のバランスが取れなくなる方も多いです。

特に実業家に多いのが【浪費癖】

現金商売特有の毎日入ってくる日銭が経営者を惑わせる事は多いです。

 

 

まとめ

融資の話やお店を出すまでのプロセスに関しては細かく書いてあるサイトは少ないので今回は少しでも参考になる話題にスポットを当ててみました。

今あなたの働いているサロンのオーナーも独立前は金融期間を回ってお金を工面していたと思います。

また開業資金を貯めていて借金ゼロという方もいらっしゃいますが、運転資金が追いつかなくなって金融機関に駆け込むというケースもあったりします。

実は経営者というのは常にこのプレッシャーと戦っています。

美容院は毎年全国で約10000件新規出店し同じ位の数が潰れています。

お金の知識や、金融機関との付き合い方も知っておかないと後で困る事も多いかも。

急激に多店舗展開やフランチャイズで美容院を展開しているサロンも実はフタを空けると、銀行融資だらけで借金まみれ・・・なんて所もあります。

読んでくれているアナタはどの未来図を描きますか??

bisuta.jpは多くの美容師さんの役立つ情報を常に配信しています。情報が為になったと思ったら是非シェアして業界を盛り上げましょう。

 

 

 

 

 

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. By: a2gemma 適正価格はいくらがいいのだろう?美容師の技術サービスの価値を考え…
  2. By: Claudio Toledo 某カタログから選んで買うよりもAmazonで買う方が5000円以…
  3. 【ビューティ総研から学べ】美容師、美容関係のサロンオーナーはチェ…
  4. By: Alex 接客のプロはみんな実践しているお客様に接する前に心がける事9選
  5. B006049978 美容師なら気になっちゃうヘアサロンのリアルな売り上げ数字のまとめ…
  6. By: Valentina Powers その手があったか!?モデルハントに悩む新人美容師は必見!【知って…
  7. By: Alan Sung なぜスタバの店員は辞めないのか。からヒントを得た事。
  8. By: Glenn Waters 【やっぱりみんな気になる他店の情報】クリスマスイブは美容院は暇な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP