もっと詳しく知りたい!美容室業界も震撼させるマイナンバー制度! | Bisuta

美容師ハック

もっと詳しく知りたい!美容室業界も震撼させるマイナンバー制度!

スポンサーリンク

2015年10月に入りマイナンバー制度に関するキーワードが増えてきており、

bisuta.jpにも多くアクセスが集まる様になりました。

このマイナンバー制度が全国民の義務化になるという事はどんな影響を及ぼすのか、実は他人事ではない事がいくつかあります。

まずはどんな仕組みになっているかを美容師さんのトークネタに困らない様にまとめておきます。

なぜマイナンバーが始まるの?

簡単に説明すると行政の効率化と言われています。個人個人に12桁の番号を割り振る事で一人一人の情報を明確化し、国が税金、保険の管理がしやすくなるからです。

これにより国民の生活保護の不正受給等も発覚します。

法人の場合は13桁の番号だそうです。

おそらく2018年までに個人の銀行預金、国民保険証、クレジットカードまで一本化するのではないかと囁かれています。

個人の銀行の資産まで丸わかりになる日がやってくるという訳です。

 

最初に潤うのはネット関連と郵政

まずネットセキュリティに関して会社は強化を強めます。セキュリティの管理不足による情報漏洩を防ぐ為にネット関連の業績は伸びるでしょうし、国民全員に簡易書留で封書が送られるので郵便局は儲かります。

マイナンバーによって業績が伸びる業種と下がる業種で分かれます。

では美容院はどうなるのでしょう?

夜の商売でも発覚を怖がって離職する人が増えそうなので真っ先に影響がでるのはセットサロンとかではないかと予想しています。

 

 

すぐに大きな影響はない

美容院でのマイナンバーに関してはそこに働く美容師さんにはすぐには影響はありません。

ただし副業をしていない事が前提。

逆に影響が出そうなのは雇用主(オーナー)になります。社会保険(年金、健康保険)や年末調整、雇用保険

がより明確化になります。

確定申告の際にマイナンバーが必要となりますので、従業員の方が、もし黙って副業をしていてもあっさりバレます。更に深刻していなかったりすると追徴課税といって余分に税金がかかります。

ちなみにナンバーは生涯ついてまわるモノになりますので職歴や所得は永久に残るそうです。

コレはある意味怖いですね。

まとめ

わかりやすくまとめると

国政は個人の貯金がすべて把握できる様になり副業の税金逃れを追いかけやすくなります。

逆に副業がバレるのを怖がっている人達は隠し様がなくなりますし、贈与に関する部分も発覚します。

会社、美容院によるメリット、デメリットがあれば、雇われている美容師さんにもメリット、デメリットがあります。

2015年10月から2018年にかけて少しずつ進んでいくであろうマイナンバー制度

今できる事は少しでも多くの情報を集めて置く事。

ヘアスタイルのトレンドや毛髪知識を増やす事も大事ですが、お客様との会話でも必ず出てくると思うので知りませんでは恥ずかしいです。

 

美容師さんは財務、経理が苦手という人が多いので、bisuta.jpでも定期的にわかりやすく情報配信をしていきます。

参考になったという方は是非シェアしてもらって全国の美容師さんにbisuta.jpを教えてあげてください。

 

スポンサーリンク

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. 【いつからこんな時代になったんだ】撮影モデルに対するギャラ問題を…
  2. bisuta編集部がオススメする読んでおいて損がないビジネス参考…
  3. 全国のタバコを吸う美容師さん達に朗報!ビタミン電子タバコご存知で…
  4. 知らない人も多い!ハサミのプロに聞いた自分にあったシザー選びの秘…
  5. 考える人が多発中!一人サロンで独立開業する事のメリット、デメリッ…
  6. 美容師なら気になっちゃうヘアサロンのリアルな売り上げ数字のまとめ…
  7. 1回の施術が25万円!?小顔矯正サロンから学ぶ高単価でも人が集ま…
  8. 美容院の出店バブルはいつ崩壊する?今後の動向に注目しながらチャン…

コメント

  1. Wow! Great to find a post with such a clear measegs!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP