コラムニスト記事

お客様が美容師さんを指名する際に考えている事とは?ユーザー目線を今一度振り返って考えてみよう。

美容師さんの指名という部分って顧客目線でちゃんと着目した事ありますか?

普通に美容業界で働いていると、

指名されて当たり前。指名を掴んで当たり前。

という考えになりがちですが、今回はまた視点を変えて

一般ユーザーさんはどんな気持ちで美容師を指名しているのだろう?

そして、指名替えをしているのだろう??という、

美容師とは関係の無いライターさんにコラムを書いてもらいました。

そのコラムをベースにbisuta編集部のリライトをして美容師さんに読んでもらおうという企画です。

顧客様の考えを知る事でお客様への接客や気遣い、心遣いも変わります。

是非一度読んでみてくださいね♪

 

 

どうすればいい?顧客を悩ませる美容院での指名や指名替え

 

【美容院での、美容師指名に関して】

これに悩まされている顧客(ユーザー)は、少なくありません。

「指名が面倒だから、指名予約なしのサロンへ通っている」

「最初に施術してくれた美容師さんをなんとなく指名しているけれど、実は不満」

「違う人に変えたいときは、お店ごと変えてしまう」

そんな声が、周囲からも多く聞かれています。

顧客が抱える悩みを知って、指名獲得に役立てていきましょう。

担当のご指名は?は、実はちょっとプレッシャー

多くの美容院は基本的に予約制です。

そのため、来店前には、予約を取る必要があります。

インターネット予約も普及してきましたが、まだまだ電話で予約を取るケースが多い現状。

その際、「ご指名は?」と聞かれると、顧客側は案外焦ってしまうものなんです。

「絶対この人!」

と心に決めたスタイリストさんがいれば、問題ありません。

ですが、

「前回の人はちょっと……」

という場合は、口を濁してしまいますよね。

こんな時、

「前回の担当を指名しますか?その他の担当にされますか?」

なんて、相手から聞いてくれたらいいのに……。

そんな風に、思ってしまうのが顧客心。

「前回の人じゃなくても良いんだ!」

と分かれば、安心して予約が取れます。

また、電話口で自分の意見を伝えるのが苦手な人もいます。

そんな時には、指名がない場合でも、

「男性、女性のご希望はありますか?」

と聞いてもらえると、親切ですね。

この対応だけで、サロンへの好感度がぐっとアップすると思うので意識してみましょう。

「指名」したいけれど料金が気になる

美容師さんを指名したいけれど、指名料や技術料がかかる。

というケースが多々あります。

都会にある、超高級店の人気スタイリストなら、まだ納得。

でも、近所のサロンで髪を切るだけで、価格が変動してしまうのには納得できない。

ワガママですが、そんな理由で指名を躊躇してしまうことがあるんです!

美容師さん側からすれば、

「指名料で収入をアップしたい」

「美容師ランクを上げて、給与に反映したい」

と考えるでしょう。

ですが、カットやパーマはともかくとして。

カラーなど、誰が施術してもそれほど変わりのないサービスがあるのも事実。

こんな時欲しいのが、指名するメリットの見える化です。

一例ですが、

「指名した美容師さんが、カットの時しか現れない」

など、指名したことにより、逆に不満が出てしまうケースもあります。

短い時間しか担当できなくても、

「ご指名ありがとうございます」

といった感謝の気持ちは必ずほしい言葉。

たった一言ですが、それだけで、

「指名して良かった」

という気持ちになれちゃいます!

話や技術がイマイチ……指名替えしても大丈夫?

初めていった美容院で、最初に担当してくれた美容師さん。

特に問題がなければ、その人を次も指名する顧客が多いようです。

ところが、何度か通っているうちに、

「話や性格が合わない」

「希望の髪形にしてくれない」

そんな不満を感じることも。

「指名替えしたいけれど、気まずくなりそう」

そう思って、美容院ごと引越ししてしまう人もいますよね。

こうなってしまえば、お店にとって大きな損害になります。

定期的に通ってくれるリピーター客は、美容室経の命綱。

お店替えを防ぐためにも、指名替えOKなことをサロン側からアピールしましょう。

方法は簡単!

「ホームページやサロン内に、指名替えは何度でもOK!の文字を置く」

それだけです。

「指名を変えても大丈夫」

と分かれば、安心して通うことができます。

もちろん、従業員同士で、指名替えについての意識をそろえておくことも大事。

「指名を替えられたから」

といって、態度に出していては、お店の雰囲気が悪くなってしまいます。

顧客が一番うれしいのは、何事もなかったように接してくれること。

誰の指名であっても、お店全体の大切なお客様、そう思ってもらえると嬉しいですね。

初めての来店を狙うには当然ながら【選ばれる理由の写真が必須】

当たり前ですが、顧客は美容師の技術だけでなく容姿を気にしています。

異性の美容師であれば、できれば好みの顔の美容師を選びたい。

同性の美容師あれば、髪形やファッションの趣味が自分に近い人がいい。

などといった感じです。

タイプの異性に施術してもらっている時間は、とてもリラックスできるもの。

服装の好みが似ている同性から施術は、気に入った髪形となる可能性が高くなります。

そのため、見た目で判断するというのは、あながち間違いではありません。

ところが、美容院は飲み屋じゃありませんから、初来店時に店を見渡し、

「あの人で!」

という指名の仕方はできないのが現状。

そこで役に立つのが、ホームページやホットペッパービューティーなどの顔写真です。

「スタッフの写真がキレイ」

「新しく入った美容師さんも、写真が載せられている」

というサロンは好感度が高くなります。

人の好みは千差万別。

一目見た瞬間、

「この人にお願いしたい!」

そう思える美容師さんと出会うためにも、多くのサロンで写真を掲載して欲しいです!

まとめ

美容師さんを指名するためには、

「指名しやすい電話応対」

「指名したメリットが感じられるサロンづくり」

「指名替えしても大丈夫な雰囲気」

「お店へ行かなくても美容師さんの顔が分かる」

といったことが大切です。

これらは、今すぐできることばかり。

「美容師を指名するお客さんが少ない」

「もっと指名の数を増やしたい!」

という時には、是非実践してみてくださいね。

bisuta編集部まとめ

さて、今回のコラムはいかがでしたか?

bisuta編集部も忘れていた事をハッと思い出させてくれるいい機会になりました。

例えばキャリアを積んでくると、常連のお客様に指名ありがとうございます。なんて言わなくなってきますし 、

良い意味でも悪い意味でも慣れが生じてきます。

指名を増やしたい!から接客やお店の見せ方を努力するケースが一般的ですが、

こうやって一般ユーザーさんの意見を吸い上げてみると、

もう少し根本的な部分の見直しも必要なのかな・・・。

とも思います。

ずっとプロフィール写真が更新してない。

情報が更新されていない。という初歩中の初歩から見直して、

明日からのサロンワークに繋げていきましょう♪

 

今回のコラムが繁忙期のサロン経営やサロンワーク、ミーティング内容として役立ってもらえれば幸いですし、

全国の美容師さんでシェアしあったりしてもられば嬉しいです。

bisuta.jpは美容師業界でも有名な情報共有のできる国内最大級の美容師専門キュレーションマガジンです。

【下記のLINE@友達追加ボタンで追加してもらうとタイムラインでしか見れないレアな情報を見る事ができます】

現在LINEお友達数はなんと・・・3072突破中

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. 美容師になったら早めに知って(出来て)おくと役立つ事
  2. 【美容師の課題】SNSで動く時代=比べられてる!?カラーの施術写…
  3. 『人は見た目が9割』◯◯を変えるとリピート率アップ?
  4. 美容師が知っておくと得する口コミ〜接客編〜
  5. 美容師が知っておくべきお客様の気持ち
  6. お客様が考えるヘアサロンに行くメリット、デメリットとは何か理解し…
  7. 美容学校事情!2018年問題。
  8. お客様がヘアサロン選びで初回来店時に重視するポイントは??

コメント

  1. こちらでもコメント失礼いたします。

    指名について美容師側は気にしてたり、気にしてなかったりあると思いますが、お客様はさらに意識して指名替えをするくらいならお店を変える方が気楽ですね。

    個人的にはお店を変えるよりは他のスタッフの担当になってもらえたら全然嬉しいです。

    確かにホームページに指名料金についてや、指名替えについてが書いてあるとお客様の不安要素が減りますね。

    とても参考になりました!

    いつもありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お洒落なシザーケース探してませんか?

PAGE TOP