ヘアスタイルレシピ解説

グラデーションカラーの方法は実は正解がないという事実!

Evernote-Camera-Roll-20150307-125321

bisuta.jpの検索ワードでも特に最近多く見られるのが、美容師のグラデーションカラーの方法や作業工程、やり方というのが多いです。

グラデーションカラーはここ2、3年で急に流行りだした技術で自信を持って提案できる美容師さんが少ないのが現実です。

今回はそんな悩める美容師さんにもわかりやすいグラデカラーを解説していきます。

 

グラデーションカラーの歴史

実はグラデーションカラーの歴史は浅く、世間に浸透し始めたのは約2011〜2012年からと言われています。それまでメッシュ、ウィービング、バレイヤージュ、セクションカラーが主流だったのに対し、海外セレブの髪型が日本のメディアで報道され一気に火がつきました。

SNSの普及によりグラデーションカラーという言葉が認知され芸能人、モデルもいち早く取り入れ今のブームが確立されました。

今ではファッションリーダーやモデルやショップ定員等もオーダーが多く一度はやってみたい!というヘアスタイルになりました。美容師さんに伺うと最初はこんな色が抜けた感じのカラー流行るの??という声が多かったのですがそれに反するかのように定着しつつあります。

難しく考え過ぎ

多くの美容師さんがグラデーションカラーを難しく考えますが実は手法としては簡単です。一番難易度が高いのが明るくなる部分との境目が割れてしまう事。ブリーチを使う場合は縦にハケを使い、ぼかす事が必要です。

サロンによってはホイルを使い毛束を拾っていき中間から毛先にかけて明るいベースを作るサロンもありますし、フリーハンドで雑に塗って土台をつくるサロンもあります。

 

技術に正解がない

実はコレが正解というのがグラデカラーのいい所でもあります。根元から毛先へのカラーの組み合わせも美容師さん次第。

まさにデザインスキルが問われるカラーメニューです。

同系色のカラーで明度差を作ってもいいし、黒から14レベルまでのグラデーションを作ってもいい。

アルカリカラーから酸性カラーでもいいし、カラーバター、カラートリートメントを使ってもいい。まさに組み合わせは無限大。

手順、行程、レシピ

Evernote-Camera-Roll-20150313-184913

 

 

 

 

この写真を見て頂くとわかる様に既染毛の毛先にかけて自然になじんでいるのがわかります。この土台ベースを作ってしまえば単色でカラーを染めてもグラデーションになります。

よりキレイな薄い色味を出すには、毛先にクリア剤を混ぜる訳ですがブリーチ毛特有のシャンプー台で色が抜けてしまうという事例があります。シャンプーの時間とトリートメントの時間も計算して退色した時にベストになるように練習しましょう。

グラデーションカラーは経験値が必要です。たくさんモデルをこなし髪質、ダメージによって適正なレシピを自分なりに考えてみましょう。

 

 

 Evernote-Camera-Roll-20150307-125321

美容師さんも難しいと嘆いているカラーはいくつかあります。

ピンクベージュ、ミルクティーベージュ、アッシュベージュ等の明るいカラーは難易度が高いです。上の写真はペールピンクとワインレッドで染めてありますが、このカラーの発色も色抜けの計算をした後に完成しています。経験豊富な美容師さんはわかると思いますが、ピンク系やアッシュ系はシャンプー時の退色によって予想外の色の出方をします。

ピンクで染めたのにアッシュになった・・・。こんな経験はありませんか?ハイダメージ毛だとよくある話です。多くの講習で講師をされる有名カラーリストさんにも伺ってみたところ、『美容師あるある』とおっしゃっていました。

色が抜けた時の対処方法はトナーで6レベル〜8レベルのカラー剤を使うのがいいでしょう。

 

 Evernote-Camera-Roll-20150313-184913

グラデーションカラーでも特に人気のあるグレー、ホワイトカラー系は最上級に難しい部類に入ります。

カラー理論、毛髪理論を駆使しても狙った通りに出せません。

ブリーチオンカラーは補色をどれだけの割合にするのか、塗る手順をどこから始めるのかで大きく変わります。一番大事なのは塗布スピードなので日頃から早く塗る方法を身につけておきましょう。

 

まとめ

全国各地でも、ダブルカラーの講習の需要は増えてきて満員になる事が多いそうですが、講師の方にお話を伺うとやはり回答は『経験と失敗』という回答に。

通常のシングルカラーに比べメーカーもこれが回答です。という正解を持ち合わせていないので自分なりの方法を見つけましょう。お客様によって色の善し悪しが変わります。

カウンセリングでどこまで細かく説明しておくかも大事なポイントですね。

bisuta編集部では検索ワードで多かった内容をピックアップして掲載する事がございます。多くの美容師さんに活用して頂ける様に読んでよかったという記事を配信していきます。

こちらの記事も人気です

 大注目!!ルベルから新発売の塩基性カラー【LOCOR(ロコル)】はマニックパニックを超えるか!?

 

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. By: Beano Burnett やっぱ動画で見た方がわかりやすい!!ルベル新作カラーロコル動画ま…
  2. イルミナカラーの調合レシピ
  3. Evernote-Camera-Roll-20150724-123723 今までの常識を覆すまったく新しいカラー剤!【ウエラのイルミナカラ…
  4. By: Sarah Stierch 髪に塗るだけシルバーアッシュワックスがこれから流行る!?
  5. By: Luiz Fernando Reis 特殊ヘアスタイル、ブラックヘアやり方動画まとめ!!
  6. rp_B006049978-225x300.jpg スタイル写真をキレイに撮る方法とは?髪型を可愛く撮影する方法まと…
  7. naru君1 カウンセリングが便利になる美容師向けインスタグラム活用術!
  8. By: Les Chatfield 美容師向け業界雑誌ってどれだけあるの?日本初の美容師専門書まとめ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP