ミーハーな美容師さんなら知っておきたいテレビに出演する方法とは? | Bisuta

美容院向けWEBマーケティング情報

ミーハーな美容師さんなら知っておきたいテレビに出演する方法とは?

By: cloudzilla

美容師としてのブランディングに必要な事とは?

 

今も昔も変わらない事。

それはメディア露出が頻繁な美容師さんはブランディングができているという事。

 

今はSNSの普及により露出しやすい時代になってきましたが、やはりまだテレビ出演というのは強い武器になります。

テレビで見た憧れの美容師さんとしてわざわざ訪ねてきてくれるお客様もできたり、同じ美容師さんからの認知も狙えます。

ではどの様にしてメディア露出をしていけばいいのでしょうか?

今回は他ではなかなか学べないメディア露出に関してまとめていきます。

 

ブランディングとは何か?

よく言われているブランディングと聞いて何を想像しますか?自分自身やお店にブランド力を持つ事は今後も必要になっていきます。

こちらのサイトがわかりやすかったです。

 

 

テレビ局関係者も実は情報収集はインターネット

みなさんも何かを探したり調べたりする場合インターネットを活用する事は多いと思います。

テレビ局関係者も同じです。

という事は『美容師』『有名な美容院』『カリスマ美容師』なんてワードで探された時に見つかったら自然とオファーを受けやすくなると思いませんか?

bisuta.jpは美容師さんの為の必要な情報を多く盛り込んでいますが、いずれはこのサイトからも見つけてもらえる様になるかもしれません。

(bisuta.jpでは今後、美容師さん個人もピックアップしていく予定です)

 

各地域の商工会に登録しておく

全国各地にある市の商工会をご存知ですか?

商工会には数多くのお店の情報を集める部門があり、ここに登録しておくだけでも撮影依頼があったりします。

それはテレビ局関係者もどこかロケに使えそうな場所がないか商工会の情報を元に探す場合があるからです。

これに限っては美容院だけではなく飲食店等も多く登録料はかかりますが、チャンスは巡ってきやすくなります。

 

局の関係者を紹介してもらう

正直これが一番の近道かもしれません。オファーを待っているより自分からオファーを出すという事も実は可能です。

テレビ局関係者と繋がり、プレゼンをしてメディア露出をする事だって可能です。

もちろんあつかってもらえる様にインパクトやネタを準備しておかないといけませんけどね。

テレビ局の関係者なんて知り合いにいないよ・・・。

という方も多いと思いますが今各地域で異業種交流会も頻繁に行われています。

そこに出席をしひたすら名刺交換をし続ければ関係者に当たらなくても紹介してもらえる人には巡り会えるかもしれません。

チャンスは自分から掴みにいく事も時には必要な事かもしれません。

 

実はお金でどうにかなる事もある

ここまで読んでもらって最後はコレかい!とツッコミを受けるかもしれませんが、これも立派な方法です。

ある程度露出が増えてくると様々なオファーが来ます。

中にはスポンサーになって番組に出演、メディア露出なんて事も可能です。

美容師の仕事だけでは知り得ない情報も多くあります。アンテナは常に張っておきたいものですね。

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. 0a39e4147e9912a2e7d1358a2b84d6b4 LINEコマースが美容院の店販を変えるかもしれない理由とは・・・…
  2. 美容院のHP事情は9割以上がまともに機能していない?
  3. スクリーンショット 2016-05-08 14.00.15 【運営スタートから1年半が経過】bisutaの記事で人気があった…
  4. スクリーンショット 2016-05-20 16.27.59 【あなたのお店はまだ手書き派?それともPOSレジ派??】これから…
  5. 4402640608_30884ba745_b 【美容師必見!】検索順位チェッカーを使って自分のブログの検索順位…
  6. By: Barry Skeates 目指すラインは1日50PV!?ブログサイトPV数50PV以下が7…
  7. スクリーンショット 2015-03-05 14.58.31 これは衝撃のニュース!Ameba Owndで簡単にホームページが…
  8. Evernote Camera Roll 201510215 190419 LINE@の新機能【ショップカード】は美容院にどう活用するのがベ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP