PR

技術の安売りは何も「クーポン」だけではないよ?という話。

引用元 http://poolmagazine.net/3294

さすが、木村さん。

この記事の本質を見抜ける美容師さんはまだ少ないんじゃないかな?とも思いますが、

bisuta編集部は非常に共感できる部分がありました。

今回はbisuta編集部が考える【2016年美容師×IT=◯◯◯】を書いてみようと思います。

 

何の為にブログを書くのか?

 

そもそも今の美容師さん達は何の為にブログ更新、SNS、動画をがんばっているのでしょうか?

自分の事を知ってもらう為?

オーナーや先輩からやれ!と言われているから?

自己ブランディングを高めて有名になる為?

広告収入で収益化を狙う為?

今ではヘアアレンジ方法からカット技術までほぼ全ての技術が動画やネットで見つける事が可能です。でも配信してる側は長い時間をかけて動画を撮ったり、編集したりしてその先に得るモノは何があるでしょう?

閲覧数やイイね数だけ上がって喜んでいるだけではいけません。

情報の安売りはやめましょう。(木村さんに共感した部分)

 

ゴールは見えてる?

 

ここからはbisuta編集部が常日頃考えている事ですが、絶対ゴールは決めましょう。情報発信する意味や、どこに価値をつけるのか。

ビジネスで考えるならば自分の時間を切り売りして作りあげるモノなので、最終的には対価を頂いたり、収益に結びつく所を目指さないといけないと考えます。(書いて満足ならそれでもOKだと思います)

今の美容師さん達であれば集客やセミナー講師依頼、記事作成といった所でしょうか。

 

美容師さん達の書くメイク、ヘアアレンジ情報、骨格に似合うヘアスタイル、メンズのヘアセット動画は需要のある人気キーワードですし、

きちんと作り込んでいけば勝手に価値が生まれると思います。

どちらにせよ、ブログ、SNS、動画をどのように使うかを今一度考えてみる事をおすすめします。

 

bisuta.jpの見据える着地点

 

いい機会なのでbisuta.jpの見据える部分も少し書いておこうと思います。

今多くの美容メディアがありますが、

美容師さん達のリアルで欲しい情報がすぐに手に入る情報共有メディアが少なかったので2014年にスタートしました。

美容師さんがアナログ気質なので【美容師向けのウェブ情報やITにまつわるメディア】という部分も強化して

作り込んでいきました。

そして幸いにも元リクルートや美容大手メーカーに強いパイプがあるので間違いない情報を提供できる情報サイトとして更に進化していきました。

目指す着地点としては【美容師さんのスマートフォンに欠かせない存在の情報共有メディア】です。

 

 

まとめ

 

win-winという言葉もあります。両方が得をするいい関係という事です。

ですが今の美容師さん達は、、、

give&giveで与え続けている気もします。ネットの世界では最初は割と多いギブギブってやつです。

いつかはやり続けている事が【give&take】与えて、もらえる状態を作れるといいですね。

美容師×ITは無限の可能性を秘めています。苦手意識を持って取り組まない人がほとんどだと思いますが、

サロンワーク以外の可能性を広げてくれるのもWEBです。

この記事を読んで美容業界が盛り上がってくれれば幸いです。

bisuta.jpは美容師の為の専門サイトです。記事が面白かった!という方は是非下記のSNS共有ボタンを押して業界を盛り上げていきましょう!

【bisuta公式LINE@に登録してもらうと限定記事や新着情報を見る事ができます】

 

 

 

 

 

 

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数
現在、お友達目標5000人で4012人突破中!

この記事をシェア

コメントを残す

美容室WEB戦略の関連記事
  • インスタの新機能【IGTV】って何?記事をまとめてみました。
  • 【美容師さんは絶対知っておくべき】Googleマイビジネスとは?
  • ホームページ制作を考えている人向け。騙されない為の5つの教え
  • 【必読】美容業界のデジタルマーケティングを明確にするにはビジネスモデルキャンバスを書くべき。
  • コンセプトは美容師ミシュランガイド!!Haie Dre(ヘアドレ)は、どこまで広がるのか!?
  • 【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

人気の記事