美容院向けWEBマーケティング情報

完璧過ぎる。今話題のカラー剤、THROW(スロウ)のマーケティングから学ぼう。

美容業界でも話題の有名美容師、木村さん達がプロデュースするカラー剤【THROW(スロウ)】が遂にリリースされましたね。

今回はこの話題のカラー剤スロウをリリースするに当たってのマーケティングやプロモーションが凄すぎるのでbisuta編集部的に独自に解説してみようと

思います。

カラー剤の評価や仕上がり,評判は多くの方が書いてくれているのでbisuta編集部は戦略の方に着目してみました。

1603THROW_リリース_社内出力用

 

マーケティングとは?

「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。

また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

引用元 マーケティング – Wikipedia

 

 

http://throw-web.com/

THROWのメディアサイトの良さを解説すると

まずサイトデザインがオシャレ過ぎる。ヘッダー部分に動画があると目を止めて見るので参考になる。

白を基調とした見やすいデザインでコンセプトもカラーに特化したメディアなので情報に統一感がある。

広告の類いがないのでスッキリしていてカテゴリー別に読みやすい。

SEO的にも強そう。と感じました。

Google的にも訪問者が見やすいサイト、滞在時間が長いサイトを上位表示する傾向にあります。

このサイトクオリティはかなり予算がかかるでしょう。

 

 

真似したいけど、ここまではちょっと難しい

上記にマーケティングについての引用を入れましたが、木村さん達のプロモーションは

顧客(美容師)のニーズを解明し情報配信し続けている。(外人っぽいアッシュ系に特化したカラー剤の需要を理解している)

美容師が欲しい情報を配信し、LINE@でもきっちりアプローチしている(ファンがついてくる)

ウェブでの戦略や情報配信もマメでスゴいとしか言いようがありません。

芸能人の写真、髪色でわかりやすく表現していて、カラーの手順の解説も公開している。

実際真似しても同じ様な初動にはならないでしょう。これは制作者の想いや表現が積み重なった結果であり、

ネットでも、リアルでもなく、過程が凄かったんだと思います。

異例の初期注文30万本らしいですが・・・とんでもないですね。

記事はこちらから

http://naotokimura.tokyo/archives/23196

 

 

モルトベーネって名前変わったんですね。

http://www.beautyexperience.com/

 

スロウのカラー剤はビューティーエクスペリエンスがリリースしていますが、モルトベーネの社名が変わっていたという事でした。

いつの間に・・・。

サイト構築も他のメーカーさんとは違って頭一つ抜け出ている感じがするので、

外部のウェブコンサルが入ったか、会社の内部が変わったのかわかりませんが、

ウェブマーケティングに力を入れているのはよくわかります。

他社メーカーさんは、WEBに力を入れようにも、内部で動いている人達が【アナログ】なのでどうやっていいのかわからない。みたいな風潮があるので

今後は勢力も変わっていくかもしれませんね。

ネットリテラシー(ネットを使いこなす基本知識)の差が今後大きく出てくるはずです。

 

売るべくして売る!

 

何でもそうですがこの商品売れそうだな〜で売るのは自殺行為。(在庫過多になるし、売れなかった時は負債になる)

美容業界でも影響のある人(もしくは情報発信を続けている人)がウェブを通じて情報を発信し続け、読み手に興味を持ってもらい、

ワクワク感を促し、リリースする。

美容業界全体でも、もっとこうなればいいのに。

そういったケースでは今回のスロウのマーケティングはまさにこれからの美容業界の変化の兆しとも言えるでしょう。

 

まとめ

 

今の時代、美容師さんは、SNS(インスタ、ツイッター、Facebook)、ワードプレスによるオウンドメディア、

メルマガやLINE、自社アプリでの顧客囲い込みや

ブログでの自己ブランディングが問われる流れに変化してきました。

そして今回のテーマで最も大事な事は

【1つのジャンルに特化したメディアは特定のファンが必ずついてくれるし注目を集めやすい】

という事を理解しておきましょう。

今回のTHROWの様にカラーに特化したメディア、アッシュ系に特化したカラー剤はまさに特化型。

どんなジャンルであれターゲットを絞る事でコアなファンを増やしていくという事は

美容院経営、指名数アップ、リピート率アップにも落とし込める部分はたくさんあるので、

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

bisuta.jpは美容師さんの欲しい情報が手に入る美容師特化型の情報交換キュレーションメディアです。

【bisuta公式LINE@にお友達登録してもらうと限定タイムラインやアンケートを見る事ができます】

(現在お友達数1455名突破中)

 

 

 

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


この記事をシェア



関連記事

  1. ここに掲載しておけば間違いない?美容院検索サイト4選
  2. 是非参考にしてください・・・多くの女性を魅了する魔法のフレーズ集…
  3. ブログを書く必要性を一度考えてみませんか?オウンドメディアってご…
  4. 美容師としてブログを書くなら知っておかないといけない事とは
  5. 知ってると得をする2015年のサロン業界に必要なスキルとは!?
  6. 美容室にはWEBマーケティング担当者が絶対必要!まずはオンライン…
  7. この記事には共感!ポンポンと自分のノウハウを無償でばらまかない方…
  8. コンセプトは美容師ミシュランガイド!!Haie Dre(ヘアドレ…

コメント

  1. Too many comlnimepts too little space, thanks!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お洒落なシザーケース探してませんか?

PAGE TOP