美容院向けWEBマーケティング情報

【え?まだminimo使ってないの?】使っておいた方がいい理由をbisuta編集部が徹底解説。

始めに・・・

今回の記事は、偏見を無くして、頭をやわらか〜くして読んで頂きたい記事となっています。

そして読み終わる頃には、

まずやるだけやっておこう!というか、やっておかないとダメなんじゃないか??

という気持ちになっていると思います。

今回の記事を作ったきっかけも

先日のW杯アジア最終予選の合間にミニモのCMが流れました。

とある情報筋からCM放送の影響もあり、現在ミニモのDL数が大幅に増えている!という

ニュースが入ってきました。という事は・・・
今が掲載している美容師さん達にとってminimoを使った絶好の予約獲得UPのチャンス!という訳です。

 

bisuta編集部が膨大なデータとリサーチを重ねて美容師さん達の必ず役に立つコラムを作りました。

2017年のミニモ集客事情がわかる上に、全国の美容室さん、美容師さん達に

必ず役に立つ読むだけでお得な情報が集約されていますので是非最後までお読みください♪

 

 

まずおさらい。ミニモって何?

こちらは2016年4月の更新記事です。

【新規集客が月に400名オーバーも可能!!】minimo人気が急上昇中!おいしすぎる今の状況に便乗するべき理由とは?

こちらは2016年7月の更新記事です。

【minimo集客はまだ伸びる】アイリスト、ネイリストにもシェアしてあげよう!ライバルに差をつけるチャンス!

シンプルにまとめるなら、

美容師さんとお客様を直接繋ぐアプリ。という事になりますが、深く掘り下げていくとそのポテンシャルに驚きます。

bisuta編集部はまだ黎明期(始まったばかりの状態)からこのminimoには着目していて、記事を作ってきました。

今では200万ダウンロードまで伸びているので、これを使わないのは、

確実に損している。という認識を持った方がいいです。まだまだ確実に伸びる!と断言できます。

美容師さんにわかりやすくするなら【BUYMA】【みんゴル】【SHOPLIST】【NEWSPASS】とかが200万ダウンロードを超えています。

お客様とかがカラーやパーマの放置時間中に、

バイマやショップリストで服を探し、暇つぶしにモンストやったり、みんゴルやったりしたりニュースパスやグノシーを見ながら

情報収集しているのを見かけたりしませんか??

そこに【minimo】が加わっていると考えたらどう思いますか??

女子会とかでminimoで美容師さん探しをしている光景って思い浮かびませんか?

では、もう少し詳しく説明していきましょう。

 

すでに美容業界誌でも紹介されています

女性モード社の月刊誌【美容界 2017年7月号】コラム内で、

人気急上昇中のアプリ『minimo』の秘密というタイトルで紹介されています。

人気急上昇中のアプリ『minimo』ミニモ

画像引用元 https://minimo-team.tumblr.com/

 

ここで書かれているのは個人単位の集客が成り立つ事で使用するスタイリストが

お客様を引っ張って独立する事態も考えられる。という事が懸念材料で書かれています。

この内容自体、確かに不安材料である事は間違い無いのですが・・・

bisuta編集部が見る視点はそこではありません!!!

そこまでの【集客力】を見過ごして使わない事の方がよっぽど怖い。という部分です。

minimoを使って客単価を落として集客しても自分達の価値が下がっちゃう気がして使いたくないんだよなぁ〜。

他の広告媒体との金額の開きがあり過ぎて、使い方が難しいんだよなぁ。

ウンウン。もちろんそれはわかります。

では、更に読んでも使わない理由ってありますか??

衝撃のグラフデータがこちら!

飛ぶ鳥を落とす勢いのミニモ

こちらは今年の7月に月間予約件数が40万件を突破したという衝撃のグラフです。

この数字ってどう思います??

ほとんどの美容師さんがスゲぇ〜!!!右肩上がりじゃん!ってなると思うんです。

恐らく2017年の12月にはこの数字を更新するんじゃないかな?とbisuta編集部は予想しています。

でも、このレベルで驚いていてはいけません。

みなさんご存知ホットペッパービューティーはどうなんでしょう??

リクルートさんが開示しているデータをみてみると、

ヘアサロンの年間予約数は、40793363件の予約数。ケタが違います。

でもこちらは年間なので12で割ってみると

平均月間で3399446件(ヘアサロンのみ)の件数になります。

あくまで平均値ですが、それだけ多くの人が検索サイトを使ってお店探しをしているというのは

わかると思います。

ホットペッパー最新データ

引用元
https://beauty.hotpepper.jp/doc/
guide/saishindata.html

ホットペッパービューティーはサービス開始から約10年でここまでのモンスター級の広告媒体に成長しました。

逆にまだminimoは伸びしろを多く残した集客メディアアプリです。

期待値に関しては理解できたと思いますので次の内容を書いていきましょう。

 

ミニモ活用に悩む美容師さんの心理とは?

上記のデータを見てもらえばわかると思いますが、まだまだミニモは成長が期待できます。

そんな急成長してるって知らなかった。という人も多いはずなんです。

記事内の下部にも特典が用意してあります

ミニモで美容室の集客

さて、本題に戻りまして、美容師さんがどこで悩むかは・・・やっぱり【金額の設定】です。

格安のモデル料金での集客というのは新人さんやアシスタントさんなら抵抗が無いのですが、

スタイリストや店長クラスだとクーポン設定が難しい・・・と思うのは当然です。

ですが、価格帯をminimo特別価格と称してオリジナルクーポンメニューを

作って爆発的に集客している美容師さんがいるのは事実です。

ハッキリ言って今の美容業界は二極化が強まっている現状です。

金額がどうのこうのと言って何もしないより、

まずは自分の事を知ってもらうツールとして考えた方がいいでしょう。

この記事を読んで考え方を柔軟に変えて、やるかやらないかは別にして、

チャレンジしてみるのがまずはキッカケとして

いいのかな?と思います。

何よりも手数料が安いのも魅力的です。1件当たりの集客コストが300円〜500円なので

気軽に始める事ができます。

本当に個人で月間100名とか200名とか集客しているケースがゴロゴロあるので、

チャンスを掴むのは自分次第です。

 

意外な落とし穴。それは使い方を教えてくれる人がいない。

minimoをダウンロードしてるけどよくわからない。

効率的な方法を知りたいけど教えてくれる人がいないからやっていない。

こんなケースが多いと思います。

なので今回はbisuta.jpから申し込みしてくれたユーザーさんには、

 

 

【初期設定から掲載方法までレクチャーしてくれるという特典を用意しています。】

 

なぜそこまでするかって?

それは・・・一人でも多くの美容師さんにこのチャンスを逃して欲しくないからです!

その理由は次の検索エリアの情報を見てもらうと一目瞭然です。

しっかり最後まで読んでください。

 

ミニモで人気の検索エリアについての情報

検索エリアの人気ランキングは…?

実際、Googleなどの検索エンジンでも

「エリア名 美容室」というワードでの

検索は多いんです。

(例:表参道 美容室など)

早速、ミニモユーザーが検索した

エリア(駅)を見てみましょう!

10位:埼玉県 大宮駅
9位:愛知県 名古屋駅
8位:東京都 原宿駅
7位:東京都 吉祥寺駅
6位:大阪府 梅田駅
5位:東京都 表参道駅
4位:神奈川県 横浜駅

表参道駅が5位という意外な結果に。

ミニモユーザーは20代前半の方が多い

からかもしれません…。

3位:東京都 渋谷駅
2位:東京都 池袋駅

1位:東京都 新宿駅

僕の想定では1位が「渋谷駅」

だと思っていたのですが、

まさかの「新宿駅」。

1位の「新宿駅」は、

新宿駅で美容室を探しているお客さんは多いのに

ミニモで集客をしているサロンスタッフさん数が

意外と少ないんです。

1掲載者あたりの検索ユーザー数を

算出すると「渋谷駅」の7倍!

具体的に仮の数字を入れて説明すると…

「新宿駅」で検索した人が月20,000人、

新宿駅周辺での掲載者が100人いるとしたら、

1掲載者あたり平均200人/月の予約が入ります。

「渋谷駅」で検索した人が同じ月20,000人でも、

渋谷駅周辺での掲載者が1,000人いるとしたら、

1掲載者あたり平均20人/月しか予約が入りません。

この場合、新宿駅周辺の掲載者の方が

渋谷駅周辺の掲載者より、

10倍予約が入ると言えることになりますよね。

※上記は検索した人がみんな予約すると仮定しています。

引用元 https://minimodel.jp/salon-marketing/which-area-has-most-search-users/

さて、こちらは検索に関してですが、エリア名+美容室(美容院)という検索は非常に多いです。

ここから読み取れるデータは、まだ関東、関西しか目立って多く動いていないという事。

愛知県の名古屋がギリギリランクインしてる位なので、まだ他の県は未知数です。

全国でCMが流れている現状なので、このデータはまだまだ大きく変わる可能性を秘めています。

もちろん人口分布も違うので、このデータは参考程度にしておくのがいいですが、

後半に納得の情報を書いておきますのでもう少し読み進めてください。

 

メディア掲載、CMも

何かと話題に繋がる、月曜から夜更かしでも紹介されています。

 

minimo公式チャンネルCMはこの様な感じです。

 

サロン予約よりスタイリスト予約でしょ!!

というキャッチフレーズでユーザーと美容師さんを繋ぐアプリというのがわかりやすいCM動画です。

今まで美容師さんと直接繋がって、事前に相談したりできるなんてサービスはありませんでした。

ですが、今は便利な時代になってきてこういった話題性のあるモノに乗り遅れると

それだけで差がつく。なんて事も当たり前です。

 

他にも、

全国で放送された池田エライザさんのテレビCMで

キャッチーなフレーズと料金が0円とか1000円とか3000円とか流れていたら、

ん?なんだそれ??ってなるのは当たり前です。

ここが爆発的ダウンロードに繋がった要因かもしれませんね。

人はタダという言葉に弱いです 笑

 

何度も書くけど、ネイリスト、アイリストも絶対使うべきだと思う。

これに関しては、以前も書きましたが、

今minimoでネイリスト、アイリストを探すという事例も多くなってきています。

もちろん利用者数は爆発的に増えています。

特にアイラッシュ未体験のユーザーに関しては1回はやってみたいけど、お手入れが難しかったらどうしよう?

という心理状況になり、まずはお試しでやってみよう!というユーザーは多いです。

しかもオシャレに敏感な10代〜20代が。

という事はminimoユーザーは若い世代が多いので、

集客の導線としてはもう最高のベースが出来上がっていると言っても過言ではないのです。

まず知ってもらう!というビジネスに欠かせない【認知】という部分が

ライバルが少なすぎて簡単にできてしまうのが現状だからです。

もうお宝ザクザクモード。ボーナスステージ。とも言える状況な訳です。

ホットペッパービューティーからミニモに移行するというパターンも少なからずあります。

そこを狙うというのは全然アリだと思います。

 

まとめ

サロン予約よりスタイリスト予約。というのはある意味ユーザーにとっては親切です。

事前にメールで相談したりできますし、コミュニケーションを取ってから来店してもらえるのは

双方にとって有益です。

現状今のminimoは多くのエリアが

美容室に行きたいユーザーの数より美容師さんの数が少ない!!!

このチャンスにまずは使ってみる事をおすすめします。

特に難しい事も無いですし、インスタで集客できない。とかで悩んでいるならまずはminimoをやってみてからでも

遅くはないのかな?と思います。

お店のPRツールとして考えれば利用するのも格安なので

使うべきでしょう。

もちろん反対意見もあるでしょうし、そんなの使わなくても大丈夫!という美容師さんもたくさんいると思いますので、

あくまで情報です。

モデルハントに長時間でかけたり、ポスティングに時間を割いたりしてる時間って、

あー。自分何やってんだろ。美容師の仕事を選んだのに、やってる事全然違うじゃん。

なんて思っているアシスタントやジュニアスタイリストも多いのも事実。

ユーザーに情報を届ける方法の一つとして使っていけるといいですね♪

 

 

最後にここまで読んでくれた読者様に嬉しい特典がつきます☆☆

まずは2週間の無料期間がありますので、登録して他の美容師さん達がどんな活用をしているのか

見てみましょう!

こちらのリンクから登録すると3000円分のポイントもつきますので非常にお得です!!!

 

【手順はとっても簡単】

掲載申し込みフォームから入力し送信するだけでOK♪

もちろん個人でもスタートできます♪

こちらの問い合わせフォームから入力し送信して頂くとミニモ運営事務局より導入後の案内が届きます。

(恐らく・・・自力でダウンロードして始めるより、よっぽど楽だと思います。)

↓ミニモをとりあえずやってみよう!という人はこちらの掲載申し込みフォームに入力し送信↓

 

あとがき

さて、今回のミニモ徹底解説情報はいかがでしたか?ここまでわかりやすくまとめる事ができるメディアはbisuta.jpだけ。

美容師の為の国内最大級の情報共有メディアだからこそ出せる情報なので、参考になった!面白かった!という人は

是非お友達の美容師さん達にも教えてあげてくださいね。

bisuta公式LINE@では限定記事やここでは書けない情報等を配信しています。

取材やお問い合わせ、ご質問等も受け付けていますので是非下記のボタンをクリックしてダウンロードしてくださいね♪

(現在お友達数は3121人突破中)

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数


特集ノウハウ

【衝撃の事実!】LINE@で実はフォローを簡単に増やす方法があった!美容師さんこそ活用すべき理由とは?


関連記事

  1. 若き女性起業家が作った美容師とサロンモデルを繋ぐサイト【Coup…
  2. キーワードプランナーを使って今検索されている美容のワードを絞るの…
  3. 【運営スタートから1年半が経過】bisutaの記事で人気があった…
  4. minimoと個人LINE@を使ってカットモデルを集めよう!モデ…
  5. 【なんで個人メディアが必要なの?】bisuta.jpが1年前から…
  6. 【イイねが1k以上になった】ロコルの記事がバズった件をわかりやす…
  7. 美容室にはWEBマーケティング担当者が絶対必要!まずはオンライン…
  8. bisuta.jpはリアルな美容院事情をぶった切るメディア。情報…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お洒落なシザーケース探してませんか?

PAGE TOP