PR

美容師ハック

美容師はスライムだらけ。という表現が胸に突き刺さった話。

投稿日:

いや〜この表現は面白い。そしてわかりやすい。美容業界に足りない部分を業界外の人が語ってくれる記事って参考になる事が多いです。

今回は偶然見つけた堀江貴文さん×MBさんの対談記事が面白かったので、bisuta編集部が、もっと美容師さん向けにわかりやすくシェアしてみようと思い記事を作りました。

ビジネスに長けている人達から見た、資格商売というのが如何にヌルいのか?という事を語ってくれています。美容業界で育っているだけだと気付けない視点なので読んで学んで吸収しましょう!

美容師はスライムだらけの戦いなのか?

飲食とかアパレルの人たちはスライムばっかりっていう話はなんでかっていうと、みんなが参入できるからなんだよね。でも美容業界っていうのは、さらにスライムなんですよ。なぜかというと、資格商売だから。美容師しかできないし、美容師しか経営してないわけ。

この表現・・・なぜだかグサッときちゃいました。bisuta編集部も美容関係の人間が多いので、何となく言いたい事がわかるといいますか。。。美容師は技術職だから。とかサービス業だから。とかを話す人も多い訳です。

そりゃもちろんそうなんですけど、もう少しビジネスなんだから違う切り口も考えようよ。と思う事も確かに多かったので、このスライムトークはインパクトありました。

だいたい美容室というのは、美容師さんがオーナーになるケースが多いですが実際、異業種の人が経営しているケースも多いです。でも基本的にはなかなか上手くいってないパターンが多いような気がしています。

で、他業種の経営者と美容師さんがぶつかった時に多いフレーズは【美容師じゃないアナタには美容師の苦労はわからない】です。

これあるあるだと思います。

美容室って、全国津々浦々にあるわけじゃないですか。それでいて誰もが行くし、必ずリピートもする。誰もが1か月や2か月に一回は必ず行くじゃないですか。だから、ちょっと頭がいい人がいると、それがバーッとうまくいくわけよ。

理美容のビジネスモデルの良い所はやっぱりこの点です。誰もが行くし、リピートもある。なので美容師としてプレイヤーであるうちはある程度ビジネスセンスが無くても経営は回ります。ですが、よりビジネスセンスの高い人達が参入すればひっくり返りやすいという事も確かです。

戦略的に経営をする人と、売れてる美容師さんがタッグを組んだりするケースこれからますます増えるかもしれません。

 

リクルートさんにこれだけバシバシ言える堀江さんはスゴいw

みんな、リクルートに重税を取られてるわけ。リクルートが狙ってる市場って、バカばっかりの市場なんですよ。ホットペッパーなんてそう。「お前ら、ホットペッパーに儲けさせるために、一生懸命働いてるんじゃないの?」っていうぐらい、ホットペッパー、ホットペッパーって言うんですよ、あいつらは。

これを読めばほとんどの美容師さんが、うんうん。納得。って思うはずです。

美容師さん+ディーラーさん+メーカーさんで話してホットペッパービューティーのキーワードが1回も出ないなんてまずありえませんからね。呪文みたいになってますw

なんでリクルートに金払わないといけないんだよ。お前らちゃんと頭使って集客方法考えろって。

はい。まさにおっしゃる通りです。ですが、今の美容業界って集客はとりあえずホットペッパービューティでしょ。みたいな風潮ができあがってて、とりあえずサロンをオープンさせる時にそこからスタートするケースがほとんどです。

あとは始まったが最後、掲載を止めると集客が途切れる事が怖くて掲載を辞められない。というループに陥ります。

今の美容業界はホットペッパービューティーの集客力があるから、他の集客方法を考える。という事から逃げちゃってるオーナーさんは正直多いと思います。その甘えた状況が良くない。と考える思考が大切ですね。

美容業界にはやるべき事がいっぱいある。

サロンビジネスでも、他にもやるべきなのにやってないことが山のようにあると。だから、そういう風に経営的な視点で入っていくだけで、相当穴があるなって思いました。『アルバム』っていうお店を見てるだけで、「やべっ、これめちゃくちゃブルーオーシャンだ」って。

ここでまさかの【ALBUM】さんの名前が。。。美容業界にいると、美容室増え過ぎだし、求人も難しいのでもうレッドオーシャンだ。と思いがちなんですが、堀江さんから見るとまだブルーオーシャンなんだ。って思っちゃいました。

そう考えると堀江さんも注目してるALBUMさんはやはり存在感がスゴくて、各メディアでもどんどん出てきてますね。

 

実はいっぱいやれることがあるんですよ。資格商売の業界っていうのは、かなり進化が止まってます。

bisuta編集部も定期的に書いたりしていましたが、やっぱりまだまだ進化の余地はある業界だと思います。ただ美容業界だけの考え方では発想にスケール感が無いです。

他業種の人と関わりを持って、多くを学び、自分でしっかり考えていかないといけないですね。

今回引用させてもらった記事も全文読むとスゴく面白いです。気になる人は是非読んでみてください。

リンク貼っておきます。

http://news.livedoor.com/article/detail/16179493/

 

まとめ

さて、今回の記事は読んでみていかがでしたか??

美容師さんは成長していく過程で技術やケミカルな知識はしっかり勉強しますが、経営に関する勉強をする事って独立を意識した時か、独立して自分でお店を持ってから真剣に勉強し始めるケースが多いです。

でもどうしてもプレイヤーとして培ってきた現場ベースでの経験でしか戦略を練る事ができないから的外れになったり、マーケットイン(消費者のニーズ)を考えない集客をしたりしてしまいます。

またキャッシュフローについてもよくわからないからその場しのぎでの仕入れをしたり、税金に追われたりする事もしばしばあります。

いきなりビジネスマン的な思考になるのは難しいですが、こういった知識や情報を取り込んでおくのはみなさんに取っても良い事なのかな?と思って作りました。

少しでもお役に立てれば幸いです。今回も読んで頂きありがとうございます。

bisuta.jpは美容師の為の国内最大級の情報共有WEBメディアです。

シェアボタンをリニューアルしましたので、各SNSにシェアが簡単にできる様になりました♡

情報が参考になった!面白かった!という人は是非シェアしてブログネタに使ってください。

更に・・・

下記のLINE@お友達追加ボタンからお友達になって頂くと、LINE限定記事や新着情報が見れます。

取材依頼、掲載依頼、お問い合わせも随時受け付けておりますのでLINEでお気軽にメッセージください。

 

 

 

 

 

更新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE@にておこなっております


友だち追加数
現在、お友達目標5000人で4402人突破中!

この記事をシェア

-美容師ハック
-, ,

Copyright© Bisuta , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.